経済・金融 政策・統計

【図解】世界の全ての金融資産規模を視覚化

経済・金融

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

全ての金融資産の規模ってどのくらいあるんだ!?と思っている方へ向けて記事を書きました。

私たちが、投資を行う世界って市場はどれくらいあるのか?
そして、株式以外の金融規模はどのくらいのあるか?

という疑問に思ったことはありませんか??
今回の記事は金融資産規模についてで表したいと思います。

金融資産ごとの規模を知ることで、桁外れな話の詐欺防止に役に立ちますし、小さい市場で私たちが享受できる利益より、大きい市場から利益を得る方が確実に大きくそして、簡単になります。

記事が、タメになったと思われたら、SNSやリンクで紹介して頂けると今後の励みになります。

Check Point
  • 株式市場は金融規模として4位に位置する
  • 暗号資産の市場規模は小さいので、巨大なスキームは詐欺に思える
  • 株式市場ではアジア全体での時価総額が大きくなっている。
スポンサーリンク

世界全体の金融資産規模

世界全ての金融資産規模を表とグラフで表したものがこちらです。

Assets Market Cap
デリバティブ $1,500 trillion
債権 $253 trillion
現金 $95.7 trillion
株式市場 $89.5 trillion
$10.9 trillion
暗号資産 $2.51 trillion
ビットコイン $1.145 trillion
$43.9 billion

棒グラフで表したところ、デリバティブ市場が大きすぎて、下位が表示されないように見えます。※デリバティブ市場は正確に測れません

作成:ぜんきち(2020)

株式市場はデリバティブ市場から見るとごくごく僅かな市場となっています。

金融資産の中で気になる『株式』『債務』をピックアップして図示されているものを紹介します。

・デリバティブ市場…Investopedia こちら
・株式市場…Trading Hours こちら
・金…8 Market Cap こちら
・暗号資産…Coin Market Cap こちら
・Visual Capitalist こちら
・IBT こちら

スポンサーリンク

株式市場

私たちが投資を行う『株式市場』を確認します。

出典:how much.net

2018年時点の時価総額を米ドルで表しています。

図を見ると、“アメリカ” の市場が最大となります。日本の市場で利益を得ようとするより、より大きなアメリカ市場で利益を求めた方が日本株より簡単かつ大きな利益を享受できます。

逆に小さな市場へ大きな投資マネーが一部でも流れると、時価総額が跳ね上がります。

政府の債務

出典:how much.net

こちらは2021年時点の債務対GDP比を図示したものです。

日本の債務が大きいのは、日本人なら皆知っています。しかし、世界で『トップ』で対GDP比で『250%』を超えている事。そして、さらに増え続けていることはあまり知られていません。

次点である『スーダン』は日本の半分以下の人口4,500万人の国で、3位の『ギリシャ』は2009年に破綻騒ぎがあった国です。

まとめ

  • デリバティブ市場が他の市場と比べ物にならないくらい巨大
  • 株式市場ではアメリカが2位の中国の3倍以上ある
  • 債務残高は依然、日本がギリシャを抜いてトップである

共に学んで豊かになりしょう!それでは、また!!

関連記事

米国株の強さを分析しています。

株式を愚直に保有すると、他の資産よりリスクを抑え、リターンが求められるアセットとなります。

対GDP比の債務が膨張し続ける『日本の破綻』の可能性について考えてみました。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

記事に価値を感じた場合は、画像をクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールのあて先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは"投げ銭"専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました