分析サイト 情報取得

【図解】Tradingview無料でインジケーター増やす方法

分析サイト
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

こんな悩みがある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

Tradingviewは様々なインジケーターを無料で表示させることが出来ます。無料版では3つしか表示できないところ、複数個同時表示させる方法を書きました。

無料版では3つのインジケーターまで表示させることができます。

しかし、3つだと移動平均株価ボリンジャーバンド出来高RSIMACDなど同時に表示させることが出来ません。

今回は無料でも複数個の表示をさせる方法を記載しました。無料で使い倒してください。

Check Point
  • 出来高』の表示は1つにカウントされない
  • 公開ライブラリで使えるインジケーターを探す
  • マイスクリプトで複数機能付きインジケーター作成

1)Tradingview
 【トレーディングビュー】
 株価はもちろん、暗号資産や指数も網羅したチャートツール、インジケーターも数個あるため分析しやすい。また、アカウントを登録すればパソコンとモバイルを同期で使用できます。

スポンサーリンク

公開ライブラリーで探す

インジケーターが「3つ」に含まれまいものもあります。それは、“出来高”です。

Volume」は個数に含まれないので、お気に入り登録しておきましょう。

では、早速本題に入ります。
先に結論を言ってしまえば、選択できるインジケーター数が限られているのならば、選択するインジケーターに複数の機能を付けたインジケーターを選択すれば良いのではないか?

複数のインジケーター
  • ボリンジャーバンド(BB)、移動平均(50日)、移動平均(200日)
    3つのインジケーター使用
  • 1つのインジケーターにBB、移動平均(50日)、移動平均(200日)
    ➡1つのインジケーター使用

1つのインジケータに『詰め込む』ってことですね。
…使いにくくないですか?

ぜんきち
ぜんきち

『⚙』の設定マークをクリックすれば、各インジケータ毎に非表示が設定できるので、問題ないです!!

ちなみに、このような考えで様々なインジケータが組み込まれているインジケータが公開されています。

ここからは、既に移動平均ボリンジャーバンド一目均衡表が組み込まれた、公開インジケーターのお気に入り登録法について解説します。

略語

MA:(Moving Average)移動平均
BB:(Bollinger Band)ボリンジャーバンド
ICHI:一目均衡表

公開ライブラリーの探し方
  • 1
    インジケータを選択

    画面の左上にあります

  • 2
    公開ライブラリーを選択

    タブのクリック

  • 3
    検索窓に入力

    例「MA ICHI BB」を入力

  • 4
    お気に入り登録

    お気に入りに登録するとリストに登録されるため、次回から検索が不要になります。

  • 既に公開されたインジケータを『お気に入り登録する事で使用可能

パラメータのデフォルト登録

作成したインジケーターは消すことが出来ます。
ただし、消してしまうと一度パラメータで変更した設定がリセットされてしまいます

…消えたら、またパラメータの再設定がいるのでは?

tradingviewのインジケーターには、『表示・非表示』『色』等の再設定を防ぐために、『デフォルト登録機能があります。

パラメータのデフォルト登録
  • 1
    インジケータを設定選択

    「⚙」マークが設定です。

  • 2
    設定変更

    ・パラメータで平均値変更
    ・スタイルで色変更線の太さを変更できます。

  • 3
    デフォルト登録

    “デフォルト保存”を選択してから”OK”押してください。

  • 『デフォルト』登録する事で再設定が不要になる
スポンサーリンク

もっとインジケーターの追加したい方

公開ライブラリーに自分好みのインジケーターが無い場合もあります。

ぜんきち
ぜんきち

そんな方へ向けて『自分好みのインジケータ』を作成する方法を解説します。

インジケーターは「Pineエディタ」でプログラムされています。
そのため、プログラムを自分で編集することで
自分好みのインジケーターを作成することもできます

プログラムを編集するの難しくないですか?

ぜんきち
ぜんきち

いえいえ、元々あるインジケータのコードを理解してコピペすれば使えるようになります。

プログラム編集と聞くと大層な事を想像しがちですが、実際には『Copy&paste』で必要箇所さえ、理解する知識があれば作成する事が出来ます。

公開スクリプトの表示方法

カスタマイズ”スクリプト”作成方法
  • 1
    tradingviewのチャートに表示

    例えば、単純移動(SMA)を表示させます

  • 2
    インジケータを右クリック

    表示させたインジケータクリック

  • 3
    一覧から『コード』を選択『メモ帳』へ保存

    表示されたソースコードの必要箇所をメモ帳などへ一度保存します

  • 4
    これを必要なインジケータだけ繰り返す

    メモ帳に貼り付けする場合は、必ず改行して貼り付けます

  • 5
    新規の空のインジケータ

    tradingview下のタブに『Pine エディタをクリックし、開く➡新規の空のインジケータ表示させます。

  • 6
    スクリプトへソースコードを貼り付け

    スクリプトへメモ帳のソースコードを貼り付け『チャートに追加』で表示されれば成功です。
    ※実際に作成したコードが下にあります

3番の必要箇所を理解する時間が自分にはありません

そんな、忙しい方に向けて下に私が作成したコードを記載しておきます。タメになりましたら、リンク元記載してシェアしてください。

  • カスタマイズする時にはコピペで可能ですが、コードを読む知識が必要

スクリプトの貼り付け

こちらのコードを貼り付けするだけで簡単に複数のインジケータを表示出来るようになります。
このコードは、6つのMAと 3σのBBです。

スクリプト<
//@version=4
study(title="Moving Average", shorttitle="BB & Six MA", overlay=true, resolution="")

//入力
dis1 = input(true, title="Display MA1")
len1 = input(defval=5, title="Length1", minval=1)
src1 = input(close, title="Source1")

dis2 = input(true, title="Display MA2")
len2 = input(defval=25, title="Length2", minval=1)
src2 = input(close, title="Source2")

dis3 = input(true, title="Display MA3")
len3 = input(defval=50, title="Length3", minval=1)
src3 = input(close, title="Source3")

dis4 = input(true, title="Display MA4")
len4 = input(defval=75, title="Length4", minval=1)
src4 = input(close, title="Source4")

dis5 = input(true, title="Display MA5")
len5 = input(defval=100, title="Length5", minval=1)
src5 = input(close, title="Source5")

dis6 = input(true, title="Display MA6")
len6 = input(defval=200, title="Length6", minval=1)
src6 = input(close, title="Source6")


//移動平均線
out1 = dis1 ? sma(src1, len1) : na
out2 = dis2 ? sma(src2, len2) : na
out3 = dis3 ? sma(src3, len3) : na
out4 = dis4 ? sma(src4, len4) : na
out5 = dis5 ? sma(src5, len5) : na
out6 = dis6 ? sma(src6, len6) : na


//出力
plot(out1, title="MA1", color=color.yellow, linewidth=2, transp=0)
plot(out2, title="MA2", color=color.orange, linewidth=2, transp=0)
plot(out3, title="MA3", color=color.red, linewidth=2, transp=0)
plot(out4, title="MA4", color=color.purple, linewidth=2, transp=0)
plot(out5, title="MA5", color=color.aqua, linewidth=2, transp=0)
plot(out6, title="MA6", color=color.lime, linewidth=2, transp=0)



//@version=4
//study(title="$TTO_Sample_Boll4", shorttitle="Boll4", overlay=true)
 
src = input(close, type=input.source, title="価格")
boll_length = input(20, title="長さ", minval=1)
visible_middle = input(true, title="ミドルライン", type=input.bool)
visible_s1 = input(true, title="1σライン", type=input.bool)
visible_s2 = input(true, title="2σライン", type=input.bool)
visible_s3 = input(true, title="3σライン", type=input.bool)
visible_s4 = input(false, title="4σライン", type=input.bool)
 
middle = sma(src, boll_length)
std = stdev(src, boll_length)
plot_color = color.orange
 
bb_s4_upper = middle + std * 4
bb_s3_upper = middle + std * 3
bb_s2_upper = middle + std * 2
bb_s1_upper = middle + std * 1
bb_s1_lower = middle + std * -1
bb_s2_lower = middle + std * -2
bb_s3_lower = middle + std * -3
bb_s4_lower = middle + std * -4

plot(visible_s4 ? bb_s4_upper : na, color=color.new(plot_color, 0))
plot(visible_s3 ? bb_s3_upper : na, color=color.new(plot_color, 20))
p1 = plot(visible_s2 ? bb_s2_upper : na, color=#00897b)
plot(visible_s1 ? bb_s1_upper : na, color=color.new(plot_color, 80))
plot(visible_middle ? middle : na,  color=color.new(color.white, 50))
plot(visible_s1 ? bb_s1_lower : na, color=color.new(plot_color, 80))
p2 = plot(visible_s2 ? bb_s2_lower : na, color=#00897b)
plot(visible_s3 ? bb_s3_lower : na, color=color.new(plot_color, 20))
plot(visible_s4 ? bb_s4_lower : na, color=color.new(plot_color, 0))

fill(p1, p2, title = "Background", color=#198787, transp=95)
カスタマイズ”スクリプト”作成方法
  • 1
    Pine エディタを選択

    選択すると、下図のようになります

  • 2
    初期の入力を消去してコード入力

    「例のスクリプト」(上にあります)をコピペしてください。

  • 3
    保存

    マイスクリプトへ保存しないと、消えた後に再度の貼り付けが必要となります。

インジケーターが全て表示されていますので、不必要なインジケーターは非表示化してください。

パラメータのデフォルト登録方法は先述した通りです。

  • コードをコピペで『SMA6個、『BB3σ表示が可能となる

サイトリンク

1)Tradingview
 【トレーディングビュー】
 株価はもちろん、暗号資産や指数も網羅したチャートツール、インジケーターも数個あるため分析しやすい。また、アカウントを登録すればパソコンとモバイルを同期で使用できます。

まとめ

  • 出来高表示は1つにカウントされない
  • BB MA など複数のインジケーターが搭載された
    インジケーターを公開ライブラリで探す
  • マイスクリプトでインジケーター作成

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

米国株分析サイト一覧

tradingviewの使い方

スポンサーリンク

↓1日1回クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

内容に価値を感じた方や応援して頂ける場合は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールの宛て先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは投げ銭専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

投資歴15年以上の30代サラリーマンであり2児の親/投資からの収益は8桁以上/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/月間2万PV達成し、フォロワー700人

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました