インド株 株式投資

【インド株】シフィ・テクノロジーズ(SIFY)への投資 

インド株

インドは少子高齢化を迎える中国を抜き去る勢いを見せています。その中でもハイテクセクターで時価総額が低いシフィ・テクノロジーズ(SIFY)を分析してみました。

タメになったと思われた方は、紹介やSNSにアップしていただけたら、励みになります。

スポンサーリンク

シフィ・テクノロジーズ(SIFY)基本データ

社 名 Sify Technologies Limited.
本 社 インド チェンナイ
ティッカー SIFY(NASDAQ)
セクター Technology
決 算 3月
創 業 1995年
上 場

1999年(NASDAQ)

 

スポンサーリンク

事業内容

シフィ・テクノロジーズはITソリューション会社。 クラウド、データサービス、
マネージドサービス(大企業と請負契約を結び、企業へ導入と運用を行う)を軸に世界各地で事業展開。

セグメント構成 収 入 比 率
ネットワークサービス 126,275 55.94%
データセンターサービス 38,237 16.94%
クラウド・マネジメントサービス 14,047 6.22%
アプリケーション統合サービス 30,379 13.46%
テクノロジー統合サービス 16,782 7.43%
合 計 225,720 100.00%

https://www.sifytechnologies.com/investors/のデータより編集

請負契約企業はAWS(Amazon)とAzure(Microsoft)クラウドのシェアが大きい企業と結んでいる。そのため、どちらの企業の成長をも吸収して利益が出せると言えそうです。

https://www.sifytechnologies.com/investors/ より

SIFY 実績

Income Statement より
 売上高:Revenue,営業利益率 %:Operating Margin

Balance Sheet より
 流動比率:Total current assets ÷ Total current liabilities
 自己資本比率:Total stockholders’ equity ÷ Total liabilities and stockholders’ equity

Cash Flow より
 営業CF:Net cash provided by operating activities
 投資CF:Net cash used for investing activities

収入の伸びが鈍化しているのが気になりますが、営業利益率が上昇しています。

2019年より投資CFが増えているのが目立ちます。SIFYの収益柱であるデータサービスの増強でしているのが、読み取れて、今後の営業利益拡大が想像できます。

まとめ

インドはモディ政権の元“デジタル・インディア”政策があり、デジタル革命の恩恵を直接享受すると予想できます。

SIFYの請負契約企業はクラウドサービス1位のAWS(Amazon)と2位のAzure(Microsoft)
の売上高前年比20%強の成長を見せる企業と結んでいる。そのため、GAFAMにもある双方の企業が成長してく恩恵も受け、SIFYにも利益が出てくると考えられます。

2月に株価が急上昇する場面もありましたが、急上昇する好材料が出ていないため、不明です。そのため、ボラティリティが大きい相場が続くと考えられます。

また、コロナショックの際に1$を割る場面が多くありました。1$を割ると上場廃止もありますので、注意して投資判断してほしいです。

楽天証券開設で200ポイントGet

幅広いインド個別株に投資可能
楽天証券を開設していない方限定の特典となります。
こちらの記事から、口座を申し込むと200ポイント付与されます。
記事のリンクを添付しておきますのでよかったらどうぞ。

お申し込みはこちら

関連記事

他にも投資できるADR銘柄を追加し記載しました。

インドのNetflix (ネットフリックス)である、「エロス」を分析しています。

新興国の将来性について解説しています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました