投資手法

レッドオーシャンを避けろ!! 競争が起きやすい業界

投資手法
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

競争が起きやすい業界はどこ?競争が起きると業界はどうなるの?という疑問を持っている方へ向けて記事を書きました。

競争が起きやすい業界は、突如『広告費』が増加したり、新製品の開発で一気に売り上げが上昇したりして、業績の浮き沈みが激しいです。

他にはブランドが確立しにくく、心穏やかに安定した収益を生み出してくれると考えにくいです。

前回、“参入障壁” について7つの要素を解説しましたが、更に競争が起きにくい業界についても参入障壁があると言えます。

今回もマイケル・E・ポーターの著書した“競争の戦略”を参考にして、競争が起きやすい特徴を記載して、逆に競争が起きにくい業界を考えようと思い記事を書きました。

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

Check Point
  • 競争が起きやすい業界には6つの要因が存在する
  • 業界の市場を拡大出来ない場合、成長をし続けないと競争が起きる
  • 撤退しようにも退くことが出来ない”壁”が5つある
スポンサーリンク

競争が起きやすい業界

  1. 競争企業の数が多い
  2. 業界の成長力が遅い
  3. 付加価値あたりの固定費用が大きい
  4. 一時的な業界の過剰生産力に陥る
  5. 競争企業の多様性が著しい
  6. 撤退障壁がある

競争企業の数

同業者が多い業界であったり、同規模の会社が多い業界では “敵対行動” とその “防衛” が繰り返され資源を消費してしまいます。

逆に、いくつかの会社で寡占状態になれば、敵対行動は起きにくいです。

業界の成長力

業界の成長が遅い又は縮小しているのであれば、他社のシェアを奪おうとする動機が生まれやすくなります。

しかし、業界の成長が早ければ、他業社と協調したとしても、パイ拡大による同業社全体の利益向上につながります。

付加価値あたりの固定費用

『固定コスト』『在庫コスト』の固定費用が高いと競争が行われやすいです。

固定コストが高いとは、損益分岐点が高い状態を言います。例えば、生産能力を高めるために機材の導入をしたら、コストが上昇に伴い損益分岐点が上昇します。

在庫コストが高いと、保管のための費用が多く発生したり、劣化すると廃棄する必要が生じます。例えば、アパレル業界であれば在庫が多くあっても、流行が変われば、その在庫は売り上げに繋がりません。

一時的な業界の過剰生産力

生産量が細かく調整できない業界の場合、供給過剰となりやすいです。

例えば、(需要:120)で(供給:100)の状態から、需要を取りに行くために供給量を増やす決断をしたとします。しかし、機材の導入で(供給:200)となった場合に供給過多となり、業界の消耗戦となりやすいです。

競争企業の多様性

各企業が自社の利益追求のため、様々な戦略を取るため、業界全体のパイは拡大せず、異質な戦略展開が可能な業界では競争が激化しやすいです。

例えば、“品質を高めたい企業”“低価格の追及したい企業” があると、製品に大きな差が生じなければ、前社は中々価格を向上させるのが難しくなります

撤退障壁

収益が見込めなくても、撤退を阻害する要因がある場合、いくら競争に負けた企業でも簡単になくならず、業界の過剰しているキャパが減りにくいです。

撤退障壁とは
  • 撤退コストが高額
    固定費が高額で固定費(機材)に買い手がつかない
  • 政府の要請
    生活インフラ企業
  • 社会の要望
    アフターサービスなどの提供を約束している
  • 他部門に不利な影響がある
    ブランドイメージの失墜
  • 感情障壁
    撤退=失敗=失職

まとめ

  • 競争が起きやすい業界には6つの要因が存在する
  • 業界の市場を拡大出来ない場合、成長をし続けないと競争が起きる
  • 撤退しようにも退くことが出来ない”壁”が5つある

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

バフェット氏の投資に対する大原則を解説しました。

理解しやすく、取り入れやすいバフェット銘柄を保有し続けれない理由について解説しました。

マイケル・E・ポーター氏が同著書で紹介している”参入障壁”について解説しました。

スポンサーリンク
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

応援して頂ける方は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

※このアドレスは投げ銭専用です。

nagesen39@gmail.com

Copy

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

投資歴15年以上の30代サラリーマンであり2児の親/投資からの収益は8桁以上/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/月間2万PV達成し、フォロワー700人

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました