株式投資米国株

レバナスの不定期『買増し』

株式投資
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

このような悩みがある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

レバナスはどこまで下落していくの?
そろそろ買い増ししようかな?
そんな悩みの一助となるような記事を書きました!

前回の記事では、過去90年間の株式相場を振り返り、レバナスの下落率を算出しました。

2022年のチャートは、1970年代のチャートと似ていると言われていますので、仮に1972年と全く同じ下落が来るとすると、約93%の暴落となります。

詳しくはこちらの記事を参照ください。

主観となりますが、“目安”まで下落したら、下落は一服して、反発するだろうと考えており、超長期目線で投資を行っても良いのではないか?と考えています。

今回は、NASDAQ100の『下落が落ち着くと考えている理由』『なぜ、投資をおこなっていっても良いのか?』個人的な意見を解説します。

是非、最後まで見て『超長期運用』の参考にしてくれたら幸いです。

Check Point
  • 不定期買い増しの基準がわかる
  • 買い増しを行う精神的なメリットがわかる
  • 超長期の投資期間が認識できる

今回の記事が、「面白かった」「タメになった」と感じた方は、ご紹介SNSにアップしていただけたら励みになります。

ぜんきち
ぜんきち

ぜひ、ご紹介おねがいします

スポンサーリンク

メディアの煽りと株価

米国大手銀行であるゴールドマンサックスのエコノミストが、リセッション入りの可能性が高まった示しウォールストリートジャーナルでリセッション確率が50%に上がったとの記事が公表されました。

実際に、ユニティが4%の解雇に踏み切り、テスラが10%の解雇を行いました。

そして、株式市場は1970年以来となる年初6ヶ月で21%の下落がおきています。

  • 各メディアが経済減速を示唆

メディアの報道

メディアが“経済縮小”“株価暴落”と報道する時は買い場となる事が多いです。

安直な考え方となりますが、現時点においても多数のメディアが経済の減速を報道していますので、買い場が近づいていると認識しています。

現に、ウォーレン・バフェット氏も原油株を買い増ししています。

  • メディアの暴落報道=買いの合図

テクニカル分析

テクニカル分析は、チャートの形から投資家の『心理』を読み解こうという試みです。

こちらは資金のNASDAQ100のチャートです。

下に引いた『下値支持線』2010/6/30から9回タッチしては上昇する、とても強い支持線です。

先述したように、NASDAQ100は至近で大きな下落となっておりまして、約10,000で反発することが想像しやすいです。

(※QQQに置き換えると約243.5

テクニカル分析についてはこちらで詳しく解説しています。

  • 今から『13%強の下落で反発

投資家の思惑

上のキャプチャーで図示したラインは簡単に引くことができます。そのため、多くの投資家はこの支持線に注目されていることが予想できます。

そのため、支持線に至るより早く、指値を入れる必要があります。

ぜんきち
ぜんきち

“目安”は10,100です。
(QQQで246)

もう一つの手法としては、支持線での反発を確認してからの購入になります。

この購入方法は、機関投資家も行うオーソドックスな買い方となります。

  • 目安が来たら購入(素人)
  • 支持線での反発確認後に購入(コンサバ)

購入する事による精神的な効果

NASDAQ100が『10,100』の水準に来たら購入を行いますが、これには精神的な効果を期待しての購入となります。

機会損失

心理的な効果は『後悔』を緩和させるためです。2020年のコロナショック時に

「もっと割安になるまで買おう」
「2番底が来るまで待とう」

と思って、購入出来なかった方は、想像しやすいでしょうが、株価が下落している局面では『欲』が表れて購入できない事があります。

そのため、目安に来たら購入して『後悔』を防ぐ狙いがあります。

  • 感情を制御するための戦略的投資

更に下落した場合

相場の大底は誰にもわかりません。そのため、購入後に支持線を割ってさらに下落していく可能性も十分に考えられます

このリスクについては“資金管理”投資期間を超長期とすることで回避できます。

資金管理

中でも“資金管理”は最も重要となります。

例えば、下落初期に大きな金額を投資してしまうと、大底で購入できなくなるという事よりも、大きな含み損に耐えられなくなる可能があります。

たとえ下落が進んでも『割安で買うことが出来る』という選択は、精神のゆとりになります

  • 下落の初期に資金の大半を投資しない

超長期投資

超長期での投資となれば、コンサバに購入する必要はありません。

目安が来たら買いとなります。ここで重要な事は、買いも超長期で考えるという事です。

過去の相場から、利上げが一服して半年から1年6ヶ月程度で大きな下落が起きています。

西暦に直すと、2024年以降となります。その時が来ると現在の価格より、更に下がっている可能性があります。

その事を念頭に置いて大きく買いそびれても、高値掴みしないように注意が必要です。

  • 買いも超長期で考え、高掴みを回避する

まとめ

  • メディアによる連日の下落報道は『買い
  • 強い下値支持線で反発する可能性が高い
  • “買増し”は資金管理と超長期投資が必要となる

たら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう

関連記事

NASDAQ100レバレッジ の暴落時対策となる買増基準まとめ

機関投資家にない個人投資家の強みについて解説しました。

FRBによる利上げ一服から暴落の期間

超長期投資のコツについて解説しました。

米国株に投資する時に知っておきたい2つの暴落想定について。

スポンサーリンク
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

応援して頂ける方は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

※このアドレスは投げ銭専用です。

nagesen39@gmail.com

Copy

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

投資歴15年以上の30代サラリーマンであり2児の親/投資からの収益は8桁以上/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/月間2万PV達成し、フォロワー700人

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました