投資信託 分析サイト 情報取得

楽天証券の “投資信託” 比較方法(スクリーニング)

投資信託

こんな疑問を持っている方へ記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

楽天証券で自分にあった、投資信託を探したいのだけど、どうやったらいいの??そんな疑問を解消するために記事を書きました。

ネット証券や銀行、証券会社窓口で「オススメ」されているファンドの多くは、手数料が高く、投資家にとってオススメではなく、取り扱う会社にとってオススメの商品という場合もあります。

我々投資家は、自分で投資先を選択する必要があります。


投資信託と言えば…
「楽天証券で積立すればポイントが付く!」
「ポイント投資が出来る!!」
と様々なブログで言われているので、

今回は楽天証券で投資信託を探す方法について記載しました。

スポンサーリンク

比較方法

投資信託については楽天証券の楽天証券の投信スーパーサーチを使用します。

画像は「PC画面表示」の場合を表示しています。

1.投信スーパーサーチ表示

①投資信託のタブ選択 ⇒ ②投信スーパーサーチを選択

2.各項目を入力して絞り込む

①ファンドのソート(絞り込み)
・検索条件
・注目キーワード
・取引種別
・インデックス区分
・資産タイプ
・投資対象地域
詳しい条件
(『為替ヘッジ無し』『シャープレシオ』なども選択可能)

②運用方針確認
タブの選択でベンチマークしている指数などが表示されます。

③比較
・銘柄のチェックボックスを選択
・『比較リストを確認する』をクリック

3.比較表を表示させる

折れ線グラフで選択したファンドの
チャート比較表示ができます。

下へスクロール

画像に張り付けた項目が一覧表に表示されます。

スポンサーリンク

使い方のポイント

【比較表はあまり使わない】

比較表には、画像にあるように”運用方針”など投信スーパーサーチで閲覧可能なデータ全てが表示されているわけではありません

類似した投資商品の中で、ベストな商品を比較するには投信スーパーサーチタブ選択で比較可能です

【比較表の出番】

アクティブファンドを比較したい時や、例えば新興国ファンドと日本ファンドといった投資対象が違ったファンドの比較時に役立ちます。

そして、パフォーマンスがチャート表示されるため、直観的に把握できます。

まとめ

楽天で証券口座さえ作ってしまえば、今回の解説する機能が『無料』で使用できます。無料で使えるものは使って、運用効率を上げましょう!

関連記事

楽天証券の新規開設すると『400ポイント』がGetできるリンクも貼っている記事を添付します。

楽天証券のスクリーニング機能を使用して新興国投資信託を比較しました。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました