米国株

楽天レバナス0.77%!!レバナス経費最安を検証

米国株

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

楽天レバナスに乗り換えを検討中の方へ向けて記事を書きました。

これまでiFreeによるNASDAQ100レバレッジ(以下 大和レバレッジ)しかありませんでした。しかし、2021.11.17から楽天のNASDAQレバレッジが運用開始される予定です。

商品の詳細は有価証券届出書から引用しました。

今回はレバナスをどこで買うと経費率が安くなるかを考察しました。
結果は、”楽天レバナス” が『松井証券』で買えれば最安となります。

記事が、タメになったと思われたら、SNSやリンクで紹介して頂けると今後の励みになります。

記事のPOINT
  • 大和レバナスより 0.016%~0.119% コスト減
  • 買い換え時の 課税に注意が必要
スポンサーリンク

楽天レバナスとは?

楽天証券会社で購入できることが確定しているNASDAQ100へ先物を利用して2倍のレバレッジをかけた商品となります。他の証券会社で購入できるかは未定となります。

 

楽天レバレッジNASDAQ100
運用会社 楽天
方針 NASDAQ100指数の2倍程度の値動き
設定日 2021年11月17日予定
分類 外国株式型インデックス ブル型
決算頻度 年1回
信託期間 無期限
分配金 不明
為替ヘッジ あり
純資産総額 ー円
販売手数料 最大3.3%
信託報酬 0.77%
信託財産留保額
(売却手数料)
無料

上の有価証券報告書を見ればわかるように、”大和レバナス”と一緒な内容で、信託報酬が0.77%と大和レバレッジより、0.22ポイントも安くなります。

しかし、販売最大手数料は3.3%と大和レバナスの2.2%と比べて高く設定されています。現在の“大和レバナス” は“楽天証券” “SBI証券” “マネックス証券” において、販売手数料無料で発売されており、この背景からおそらく、“楽天レバナス” においてもノーロード(無料)で販売されると思います。

楽天レバナスの隠れコスト

隠れコストは報告書を見るまで、どれくらい発生するか分かりません。しかし、0.22%の差を埋めてしまうとは到底思えません。

現在、”大和レバナス” は 0.182%の隠れコストが発生しております。”楽天レバナス” は初めのコストは高いかもしれませんが、この水準まで落ち着くと予測しています。

その他の点

その他の点では大和レバナスと同じ商品設計なため、こちらの記事を参照ください。

スポンサーリンク

レバナス購入の証券会社比較

投信ポイント付与証券会社
  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • auカブコム証券
  • 松井証券(現金付与)

SBI証券

投信マイレージサービスで投信保有額に対して付与されます。

1,000万円未満:0.1%
1,000万円以上:0.2%
と決められています。

ただし、信託報酬が少ない商品については指定銘柄として、別個に付与率が設定されています。

ちなみに、この1,000万円は単一銘柄でなくても、保有している複数の投資信託を合算した金額となります。

楽天証券

ハッピープログラムに登録することで投信ポイントが付与されます。
銘柄により、付与されるポイント額が異なります。

10万円ごとに月々に付与されるポイント数が異なります。
そのため、10万円が付与率が高く、19.9万円で付与率が低くなります。

ちなみに、楽天証券の “投資信託資産形成ポイント” よりハッピープログラムの方が付与率が大きくなります。

大和レバナスの場合の付与率は0.024%~0.048%となり、平均0.036%となります。

マネックス証券

投信保有ポイントプログラムというサービスで、投信保有額に対して付与されます。

通常のポイントは0.08%の付与がありますが、指定銘柄については0.03%もしくは0%となります。

auカブコム証券

資産形成プログラムというサービスで、投信保有額に対して付与されます。

100万円未満:0.05%
100万円~3,000万円未満:0.12%
3,000万円以上:0.24%
指定銘柄:0.005%

松井証券(現金付与)

唯一現金による還元がある証券会社となります。

キャッシュバック額は販売会社の信託報酬の0.3%を超える全てになります。

“大和レバナス” の場合は0.435%なので、0.135%がキャッシュバックされます。”楽天レバナス” が販売されたとしたら、こちらについても0.135%のキャッシュバックを受けることが可能です。

比較表

大和レバナス 金額別保有ポイント表

投資信託を保有するとその額に応じてPOINTが付与されます。
その付与額は証券会社毎に異なります。

  1,000万円未満 1,000万~3,000万円 3,000万円以上
SBI 0.1% 0.20% 0.20%
楽天 平均 0.036% 平均 0.036% 平均 0.036%
マネックス 0.08% 0.08% 0.08%
auカブコム 0.12% 0.12% 0.24%
松井 0.135% 0.135% 0.135%

【ポイント付与率1位】
1,000万円未満:松井証券(0.135%)
1,000~3,000:SBI証券(0.2%)
3,000万円以上:auカブコム(0.24%)

大和レバナスと楽天レバナスの比較

楽天レバナスはまだ隠れコストが分かりません。ここでは仮に、大和レバナスの隠れコストと同様の0.182%として算出します。

他にも注意事項として “楽天レバナス” は楽天証券でしか購入できない事が懸念されています。

想定経費率 大和レバナス 楽天レバナス
1,000万円未満 1.035%(松井) 0.916%(楽天)
1,000万~3,000万円 0.972%(SBI) 0.916%(楽天)
3,000万円以上 0.932%(au) 0.916%(楽天)

計算式
・大和レバナス:1.172% - 各証券会社
・楽天レバナス:0.952% - 0.036%(楽天)

楽天レバナスの経費率が低い事が分かります。ただし、1,000万円以上の投資信託をお持ちの方についてはSBI証券と比較で、経費率が0.056%の差しかありません。

これは、1,000万円であれば、年間で5600円となります。

レバナス乗り換え注意点

“大和レバナス” 売却すると譲渡益に対して20.315%の譲渡税が発生します。
そのため、乗り換え時の課税による損失が年間経費率を上回ると意味がありません。

経費率の差はSBI証券の場合
1,000万円未満:0.156%
1,000万円以上:0.056%

となります。これは、毎年発生するコストとなります。

これに対し、課税は20.315%と大きく、このコストを支払ってしまうと、その金額分運用できなくなってしまいます

どういうことかと言うと、大和レバナスが今後上昇していくと仮定すると、運用できていたはずの金額分の値上がり益が取れなくなってしまいます。

まとめ

  • 保有ポイントで 投信保有コストが低減する
  • 大和レバナスより 0.016%~0.119% コスト減
  • 買い換え時の 譲渡益にたいする課税に注意が必要

共に学んでいきましょう!それでは、また!!

関連記事

大和レバナスについて解説しました。

NASDAQ100レバレッジの売却方法まとめ

積立投資と一括投資を比較しています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

記事に価値を感じた場合は、画像をクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールのあて先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは"投げ銭"専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました