経済・金融 中央銀行 分析サイト

“tradingview”でFRB『利上げ』と『バランスシート』の確認方法

経済・金融

こんな お悩みがある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

「FRBのバランスシートを見たいけど、中々見る暇がないなぁ」とか「tradingviewでFRB B/Sをパパっと見たい」そんな方へ向けて記事を記載しました。

FRB B/Sと株価の影響を記載しました。

しかし、FRBのHPを開いて都度B/Sを確認するのは正直大変です。

今回は私が普段使っている”tradingview”で

『FRB B/S』『FRB 目標金利』を表示させる方法について解説します。

スポンサーリンク

FRBホームページの紹介

確認方法はFRBのホームページを確認するだけで済みます。

チャートの見方

FRB:balance sheet
1M=1兆ドル

量的緩和⇒上昇
テーパリング⇒上昇角度が減少
緩和無し⇒横這い
金融引締⇒下降

出典:Board of Governors of the Federal Reserve System
スポンサーリンク

“tradingview”への表示方法

『FRB B/S』も『FRB 目標金利』どちらとも、方法は同じです。

どんな方法かと説明すると、

ティッカーコードへ入力するだけです。

…めちゃくちゃ簡単ですね!!

ただし、記事に書いたのは訳があります

理由はティッカーコードを入力しても『条件に合致するシンボルがありません』と表示されてしまうからです。

実は、『条件に合致するシンボルがありません』と表示されても、チャート表示はおろか、ウォッチリストへも登録することが可能です。

それでは具体的に方法を解説します。

入力方法

以下のティッカーコードを入力します。

ティッカーコード

目標政策金利⇒ QUANDL:FRED/DFII10
FRBバランスシート⇒ QUANDL:FRED/WALCL

方法は解説する必要が無いと思いますので
簡単に言うと、1をクリックして2へティッカーコードを入力します。

すると、上の画像のように『条件に合致するシンボルがありません』と表示されますが、気にせずにエンターを鬼の心押下げます。

すると、FRB B/Sが表示されます

この方法は、ウォッチリストの『+』を押しても同じように出来ます。

目標金利についても方法が同じなため、割愛させていただきます。

コードの解説

Quandlとは:金融、経済に関するデータを提供するサービス
FRED:Federal Reserve Economic Dataの頭文字
/以降:Quandlのコード

関連記事

tradingviewの使い方について

過去の金融緩和

過去の量的縮小

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました