経済・金融 中央銀行

コロナショック以降の 量的緩和終了における株の影響

経済・金融

こんな お悩みがある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

コロナショック以降のQEから、今回のテーパリングは株価に対してどのような影響を与えるか不安だ

という方へ向けて記事を書きました。

、この記事は、コロナショックでのQE(QE4)の振り返りと、量的緩和終了するとどうなるか推察しました。

スポンサーリンク

量的緩和について

量的緩和はデフレの脱却や景気を刺激することを目的として、中央銀行が市場に大量に資金を供給することです。

具体的には中央銀行が国債などを大量に買い入れることです。

QEとは

Quantitative Easingの頭文字で、量的緩和を指します。

スポンサーリンク

FRBの量的緩和と株価

FRBの量的緩和は現在進行形で行われております。

確認方法はFRBのホームページを確認するだけで済みます。

チャートの見方

FRB:balance sheet
1M=1兆ドル

量的緩和⇒上昇
テーパリング⇒上昇角度が減少
緩和無し⇒横這い
金融引締⇒下降

出典:Board of Governors of the Federal Reserve System

コロナショック以降のFRBによる金融緩和

QE4

期間:2020年3月から継続中
内容:QE1×2倍+QE3
規模:2.9兆ドル+1,200億ドル/月
方法:MBS(不動産担保証券)及び米国債の購入

量的緩和の規模

FRBが買い入れを行ってから、僅か3ヶ月で2.9兆ドルの量的緩和が行われました。

これは、QE1(1.3兆ドル)の2倍以上となります。

QE4は、一時的に米国債を購入するのではなく
毎月定期的に“MBS”及び“米国債”を購入していきます。

規模は、MBS:400億$ 米国債:800億$の
計1,200憶ドル
になります。

これは、QE3(850憶ドル/月)を上回る額となります。

株価の動き

QE1の時は効果が表れるまで五ヶ月間も株価が低迷しましたが

QE4においては効果が出るのに数日間しか低迷せず

株価はすぐに上昇していきました。

これは、QE1の反省を活かして、スピーディに行われたのが”良い効果”となり、株価の下落を長引かせない結果となりました。

(FOMC開催時期を前倒ししてまで、量的緩和を決定した)

2020年6月にFRBのB/Sが減少したときに、株価の調整が起きています。

量的緩和縮小時に予想される株価動向

前回の記事でQE3終了後の動きと同様な株価の動きになると推察できます。

具体的には、

1.テーパリングの影響はなし
2.1度目の利上げの時期に注視
3.”緩和が無し” or “QT”開始後、押し目買いに集中

となります。

テーパリングについて

現在、テーパリング時期が前倒しされるのではないか…と懸念され株価が不安定な時期が続いています。

この株価の動向から、仮にテーパリング時期が早まろうが、株価に織り込みされると考えられます。

そして、FOMCのメンバーの発言で株価が下落するということは、逆に”ハト派”の発言により上昇させることが出来ると考えられます。

そのため、株価にゆっくりとテーパリングの影響が織り込みされるはずです。

株価が下落する時

繰り返しになりますが株価が下落する時は
“緩和が無し” or “QT”開始後となります。

量的緩和の規模がこれまで以上に大きいことや
PERが以前として高値のため、
悪材料が出た時の動向はこれまで以上の動きとなりそうです。

関連記事

PERについて

過去の金融緩和

過去の量的縮小

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました