中央銀行

日本が誇る自動車企業トヨタ!!水素戦略の狙い

中央銀行
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

トヨタはなんで水素エンジンに取り組んでいるのだろう?という疑問がある方へ向けて記事を書きました。

以前の記事でこれから世界的なEVシフトが来ることについて記事を書きました。その中で、日本を代表する自動車企業であるトヨタは、残念ながらEV展開において後手に回っている状況です。

しかし、トヨタにはFCV〔1〕の技術についてトップを走っています。EVが普及していない中、FCVに力を入れる理由は何なのでしょうか?

今回はトヨタが “水素” 経営戦略に盛り込む本当の狙いについて解説します。

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

〔1〕:FCVとは(Fuel Cell Vehicle)の頭文字で、”燃料電池自動車”を指しています。

Check Point
  • トヨタは”FCV”の技術でEVが届かない領域を見据えている
  • FC”技術は他の産業へ活用できる
  • 水素の課題が”生成” “輸送” “貯蔵”であるため一般化は遠い
スポンサーリンク

トヨタの戦略

トヨタの戦略はEVの先を見据えています。EVのデメリットを埋める燃料は、クリーン燃料である水素です。

水素で走る車は、エンジンを“燃料電池”へ、給油タンクを“高圧水素タンク”へ変えた自動車です。

EVのデメリットを埋める

EVの弱点は『充電に長時間必要』『高額な蓄電池』となります。

充電時間については、蓄電池を多く搭載したり、蓄電池交換型にすることで、このデメリットを克服してきました。

しかし、長距離の『輸送トラック』となるとそう簡単には行きません。長距離トラックでは大容量の高圧水素タンクが設置できるため、FCとして適しています。

FCVのシステムを活用すれば、EVが手が届かなかった商業用。つまり、鉄道・飛行機・バスまで様々な用途に活用する事ができます

更に、このFCのシステムを企業と連携し、『定置式FC発電機』の開発も進めており、自動車分野に拘らず商業範囲は多岐に広がります

EVでもシェアを狙う

2021.12.14に2030年までにBEV生産台数を350万台とするトヨタのEV戦略が発表されました。(テスラ2021年90万台)

この発表と共に、16台ものBEVのコンセプトモデルが表れました。トヨタは4兆円の投資を行い、2030年までに30車種のBEVを発表すると公言しました。

世界のトヨタの評価は『壊れない車』として高評価です。そして、直接販売店網を抱えているため、トヨタが目指す販売台数も決して夢ではない数字です。

スポンサーリンク

FCVのデメリット

燃料電池車のデメリットとして、『高額な車両価格』と『水素ステーション』が少ないことがあげられます。

車両価格が高額

トヨタが市場で展開する自動車は、『MIRAI』というセダンタイプの自動車です。

価格が710万円と簡単に手が出る自動車ではありませんし、水素ステーションが生活圏内にあるかが重要となります。

産業用のFCバスは『SORA』があり、値段が1憶円と言われています。価格が高額となろうが、産業用であればリースが主流となりますので、車両価格はあまり重要でありません。

水素ステーション

水素ステーションの構造は、『蓄圧器』『圧縮機』『冷凍機』が必要となり、大きな建設コストが発生します。そのため、既設の給油ステーションへの普及は中々進んでいません。

各装置の小型化とパッケージ化が必要となります。

政府の方針

経済産業省の方針では、2025年度には320箇所、2030年度には900箇所を予定しています。現在は154箇所となります。(2021年)

出典:JHyM

水素の課題

水素の生成

“水素”は水(H2O)から生成されると思いがちですが、現在は違います。流通している水素は天然ガスなどの “化石燃料” から生成されている物が主流です。

水の電気分解を太陽光エネルギーで行う技術もありますが、現在の効率が約7%とかなり悪い。実用化するために効率の改善が求められています。

そして、”水素” は燃えやすい気体のため、分解後、安全に保管する技術も必要となります。

輸送と貯蔵

水素は体積あたりの密度が低い(天然ガスの1/3)ため、高い密度に維持し、輸送と貯蔵が必要になります。

現在は『圧縮』や『冷却』で行って輸送や貯蔵を行っていますが、今までにない輸送となるため、課題があります。

まとめ

  • トヨタは”FCV”の技術でEVが届かない領域を見据えている
  • FC”技術は他の産業へ活用できる
  • 水素の課題が”生成” “輸送” “貯蔵”であるため一般化は遠い

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

EVシフトについて解説しています。

EVでトップランナーであるテスラについて解説しています。

スポンサーリンク

↓1日1回クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

内容に価値を感じた方や応援して頂ける場合は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールの宛て先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは投げ銭専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

2人の子をもつ30代サラリーマンであり、ホワイト企業へ就職するも配属される部門は特異点となるブラックとなる悪運の持ち主。
ときどきPC片手に公園に出没し、怪しまれているが自覚は無い。弱点は雨

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました