中央銀行

FRBが利上げを “急ぐ局面” とは?

中央銀行
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

FRBは利上げを急ぐのか?という疑問を持つ方へ向けて記事を書きました。

2021年最後のFOMCでは、事前のパウエル議長の発言(パウエルショック)もあって、当日は株式市場は落ち着いてクローズしました。

しかし、その翌日に『イギリス利上げ』により、NASDAQ100は大きな陰線をつけ、S&P500も下落で終了ました。FRBが利上げを急ぐ理由は “過度なインフレ” です。

今回の記事はCPIFFレートについて分析して、今後のリスクについて解説します。

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

Check Point
  • 1年で2%を超える “利上げ” は株式市場のリセッションが起きる
  • FOMC12名の多数決で金利が決定される
スポンサーリンク

現在のインフレ(CPI)

なぜFRBはインフレを退治したいのかと言うと、インフレが行き過ぎると、経済の悪化に至ってしまうからです。

このキャプチャーの灰色部分が株式市場のリセッションを表しています。1990年以降を確認すると、いずれも5%程度のインフレが進むとリセッションが発生していることから、経済の悪化していることが読み取れます。

経済の悪化
  • 低賃金労働者

    物価上昇で生活が苦しくなる

  • 消費の鈍化

    食料などの生活必需品のみ購入

  • 企業業績の悪化

    売上高が下がる

  • 企業の大量リストラ

  • 失業者の増加

    更に需要減

この経済の悪化を説明すると、賃金が上昇しない労働者が、物価の上昇で生活が苦しくなり、消費が鈍化します。そうして、企業業績が悪化し、企業は経営改善のため大量のリストラを実行します。

多数の企業がリストラに踏み切ると、失業者が増加し、更に需要が減少しますから、経済全体に悪影響を及ぼします

失業率が悪化すると、結果して株式市場に悪影響を与え、FOMCメンバーとりわけ、FRB議長という立場が危うくなってしまいます。

FRBが嫌悪するインフレ

FRBは一度上げたら下げることが難しい “賃金” と 米国家庭の家計簿に占める割合が最も大きい“住居費” の上昇に特に注意を払っています。

利上げの理由

そもそも『利上げ』をなぜ行うかを言うと、FRBは経済成長を長続きさせたいからです。

利上げを行わなければ、投資マネーが群雄割拠して、家賃が高くて住むところが無くなったり、生活必需品が購入しにくくなります。

この異常事態を納めて、高経済成長を長引かせるために利上げを行います。

スポンサーリンク

過去のCPIと政策金利

“CPI”“政策金利” が大きく乖離していることから、FRBが経済悪化を懸念して、利上げを急ぐ可能性が十分あります。

このキャプチャーは青:CPI 〔1〕赤:政策金利(FFレート)のチャートです。

過去に、CPIと政策金利が現在のように大きく乖離しているのは1984年8月以来となります。この幅を埋めるようにFRBは利上げに大幅な利上げとなるのでは?と勘ぐってしまいます。

〔1〕:CPIとはConsumer Price Index の頭文字で、消費者が購入する商品やサービスの価格の変動を総合的にとらえる物価指数。

急激な利上げと株式市場

それでは、仮に急激な利上げが起きた時に、どうなったか過去を振り返ってみましょう。

上のキャプチャーの “赤い→” が急激な利上げを表し、その後 “赤枠” で囲った株式市場のリセッションが起きています。

つまり、急激な利上げが起きた時には、リセッションが起きる可能性が高いと言えます。

利上げとリセッションまでの期間

2008年にあったリーマンショック時を参考にします。

2004年6月から2006年8月の約2年で4.15point金利が上昇しました。その1年4ヶ月後に、暴落が発生しました。

リーマンショックと同様な時期

時間軸を現在にあてはめてみます。

2022年3月から利上げ実施。2024年5月の約2年で4%以上の利上げ実施。その1年4ヶ月後となる2025年9月に暴落が発生

シュミュレーションでは、以上の結果となります。しかし、FRBは急激に利上げが出来ない理由もあります。それは次回の記事で解説します。

2022.4.23

パウエル議長の2022.5の利上げ50bp発言から、2022.12時点で2.75%まで利上げ観測見込みが織り込み始めています。

FRBが利上げを急ぐ局面

合理的な知見から、FRBは急速な利上げをしたくても出来ない状況と言われていますが、それでも利上げを急速に出来る場合を想定します。

利上げを急ぐ場面
  • FOMCのメンバーによるタカ派的な発言が相次いで出た場合
  • 他国の利上げが進行した場合

金融政策はFRB議長の意見が全てではない

結局、FOMCの金融政策決定は多数決で決定されます。

パウエル議長は2期目に突入しており、2026年まで任期が決定しております。そのため一定程度の自分の意見は押せますが、FOMCの議決権は1票です。

インフレ高進が止まらない場合、FOMCメンバーから「0.5%づつの利上げで良いのでは?」というような発言が出だすと、市場が動揺してリセッションを起こす可能性が高いです。

2022.4.23

パウエル議長の2022.5の利上げ50bp発言から、市場は次の次の(6月15日)FOMC後の利上げ75bpを織り込み始めました。

他国が利上げをした場合

現在の利上げを行う主要国はイギリスのみとなります。これにドイツが加われば、魅力的な債券投資先が増えるため、金利を上げる要件が整います。

まとめ

  • 1年で2%を超える “利上げ” は株式市場のリセッションが起きる
  • FOMC12名の多数決で金利が決定される

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

市場が織り込みしている政策金利のサイト”CME FedWatch”について解説しています。

急激なインフレがなぜ経済が悪化するのか解説しています。

2021年末から2022年1月までの米国相場について予想しています。

現在の米国相場は1970年代前半の “ニフティフィフティ” に類似しています。

スポンサーリンク

↓1日1回クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

内容に価値を感じた方や応援して頂ける場合は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールの宛て先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは投げ銭専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

2人の子をもつ30代サラリーマンであり、ホワイト企業へ就職するも配属される部門は特異点となるブラックとなる悪運の持ち主。
ときどきPC片手に公園に出没し、怪しまれているが自覚は無い。弱点は雨

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました