株式投資 節税

2024年開始「新NISA」の現行NISAとの変更点を解説!!

節税

この記事で分かること!

この記事を読むと、

新NISA現行NISAの変更点
・現行NISAからのロールオーバー


2024年からの新NISA制度について分かります。

スポンサーリンク

1つ目 新NISAについて

現行NISAについて

新NISAの前におさらいとして、NISAについて過去の記事で解説しております。

新NISAについて

新NISAの概要
  • 2階建て構造となる。
    1F つみたてNISA 2F 一般NISA
  • 投資初心者は1Fの積み立てが必要

現在、非課税投資枠としてNISAがあります。
分かりやすく開設するために、ここでは
現行NISAを『一般NISA』『つみたてNISA』
新制度のNISAを『新NISA』と書きます。

2階建て構造

1)1階
 1F部分は『つみたてNISA』※と同じく、”投資信託”や”ETF”
のみ投資が可能。投資金額は20万円が上限となる。
※…金融庁が絞った商品


2)2階
 2F部分については『一般NISA』と同様となる。しかし、投資商品はこれまでより絞られる。
 具体的にはレバレッジの投資信託、”監理銘柄””整理銘柄”につては投資不可能である。投資金額は102万円が上限となる。


3)なぜ2階建てといわれる?
 投資経験がない方は、1Fで積立投資を行わないと、2Fの利用は出来ない

4)2階部分だけ使用したい場合
 2F部分だけ利用する場合は、前年度までにNISA口座あるか、投資経験者である必要がある。

スポンサーリンク

2つ目 ロールオーバーの期間延長

変更点の概要
  • 2023年までロールオーバーが可能となる
  • 投資初心者は1Fの積み立てが必要

1)延長について
 これまで一般NISAは2018年までしか、ロールオーバーすることが出来なかったが、制度が延長され2023年までロールオーバーが可能となった。

ロールオーバーについて

2)『一般NISA』から『新NISA』へのロールオーバー

 これまでの『一般NISA』から『一般NISA』へのロールオーバーと同様となる。
 例えば”時価”122万円を超えても、全てロールオーバーされるが、翌年投資枠は無くなる

注意点

・ロールオーバーは5年目の10月より申請できるため、忘れず行うこと
NISAの新しい制度が2024年より開始されます(以下 新NISA)

3)『新NISA』から『つみたてNISA』へのロールオーバー
 1F部分は『つみたてNISA』へロールオーバーすることが可能。
 このロールオーバーは今までのように”時価”で行われなく、取得価格つまり
”簿価”でロールオーバーされる。
 例えば20万円で取得した”投資信託”が5年間で30万円になったとする。
この投資信託を全てロールオーバーしても『つみたてNISA』40万円の内、
残り枠が20万円
となる。

つみたてNISAの変更点

 投資期間が5年間延長されて2042年となった。2021年から始める場合には、22年間運用できることとなる。

2024年からのNISA 比較表

 

分類  新NISA つみたてNISA
非課税枠 / 年 20万円(1F)
102万円(2F)
40万円
非課税期間 5年 2042年まで(21年)
ロールオーバー 1F部分のみ 可 不可
投資可能期間 2028年まで 2037年まで
2042年まで
投資可能金融商品 株、投資信託、ETF
 、REIT etc..
投資信託、ETF
(金融庁で定めた商品)
対象者 20歳以上・日本居住 20歳以上・日本居住
払い出し いつでも可 いつでも可

※ジュニアNISAは廃止されます。

ジュニアNISAについて

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました