株式投資 節税

【図解】NISAとは?”一般” ”つみたて” ”ジュニア”の解説

節税
スポンサーリンク

NISA と 課税口座(一般・特定)の比較

NISA口座の概要

株式や投資信託などの資産運用(金融商品)が非課税になる
お得な制度

…資産運用で儲けた利益に税金がかからない

譲渡益への課税

NISA口座の場合、株式や投資信託を売却した場合に、譲渡益として約20%税金を納めなくても良い。

配当益への課税

NISA口座の場合、譲渡益と同様にして、配当にかかる税金を納める必要は無く、所得税、住民税欄は空白になっています。

スポンサーリンク

NISA口座の注意点

【図解】注意点のまとめ

口座開設について

NISA口座は”一般”or”つみたて”の選択が必要

”一般” ”つみたて”の二つのNISA口座を開設することは出来ません。
しかしながら、”一般”から”つみたて”または、”つみたて” から ”一般”への
NISA口座を変更することは可能です。
本年度NISA枠で買付を行っていない場合は、本年中での変更が可能。
可能でなければ、翌年度において当該金融会社へ変更申請することで変更が可能です。
2023年まで口座開設可能(2024年から新制度のNISAとなるため)

開設金融機関は1人あたり1口座

複数の会社で、NISA口座を開設することは出来ません。
しかしながら、NISA口座を変更することは可能です。
本年度NISA枠で買付を行っていない場合は、NISA口座のみ解約して
別の証券会社において、NISA口座新規申込の申請することで変更が可能です。
2023年まで口座開設可能(2024年から新制度のNISAとなるため)

損益について

損益通算できない

NISA口座での”損失”特定口座の”利益”を通算することが出来ない
その逆においても、同じく損益通算することは不可能である。

損失繰越できない

課税口座(特定 や 一般)の場合、確定申告を行うことにより、3年間損失を繰り越すことが可能である。しかし、NISA口座の場合は利益の場合や損失の場合においても、税金に関与しないことから、損失の繰り越す考え方が存在しない。

投資残存について

NISA口座での売却時の取り扱い

NISAには各年に枠が決まっており、その枠は購入する元金額である。

一般NISAを例に上げると、
当年120万円を株式投資していた。上限まで投資済みのためNISA投資可能額は『0円』である。
しばらくして、当年中に元金100万円分売却した。
当年のNISA購入投資可能額は売却前と変わらず『0円』である。
つみたてNISAの場合も同様だ。

投資残存額の取り扱い

NISAには各年に枠が決まっており、その枠を使わなければ、不使用で翌年枠へ進行してしまう。

一般NISAを例に上げると、
当年100万円を株式投資していた。NISA投資可能額は『20万円』である。
翌年のNISA購入投資可能額は140万円とならず、『120万円』である。
つみたてNISAの場合も同様だ。

次ページ…NISA口座の比較表 ”一般” ”つみたて” ”ジュニア”

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ
タイトルとURLをコピーしました