投資手法

現代ポートフォリオ理論とは?

投資手法

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

『現代ポートフォリオ理論』ってなに?という方へ向けて記事を書きました。

『現代ポートフォリオ理論』をご存じでしょうか?

この理論は1990年に経済学で、ノーベル賞を受賞した理論となります。今回は現代ポートフォリオ理論について簡単に解説します。

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

記事のPOINT
  • 現代ポートフォリオ理論とは中期的に利益を出すために有効
  • “ロボアド” は現代ポートフォリオ理論で自動運用
  • 長期投資の場合、株式100%のアセットも有効
スポンサーリンク

現代ポートフォリオ理論とは?

現代ポートフォリオ理論を簡単にいいますと、
「リスクが同じならリターンが大きい方が良い!」
と言う理論になります。

“コロンブスの卵” のように今となっては普通の考え方ですが、これまで、大きいリターンを求めるときは必然的にリスクが大きくある必要があると考えられていました。

しかし、ノーベル賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏が唱えた『現代ポートフォリオ理論』を用いて、まずリスク許容度を決めると、様々なアセットから同じリスクで最も高いリターンが期待できる最適ポートフォリオを決めるというものです。

これによって、同一でリスクで最大リターンを求める考え方が主流となりました。

効率的フロンティア

出典:ウェルスナビ

最適ポートフォリオの集まりを『効率的フロンティア』と呼ばれています。

この、同一リスク・最大リターンを市場の用語に直すと、最小ボラティリティで最大リターンとなります。

スポンサーリンク

この理論が有名となった理由

この理論は、中期的な期間においてリスクを抑え、ベストなリターンを狙えるという事が、機関投資家に受けたため、有名となりました。

この理論で、上の効率的フロンティア(最適ポートフォリオ)は変化するため、個人投資家が最適ポートフォリオと全く同じアセットへリバランスを続けるのは、手間が掛かるのでコスパが悪いです。

しかし、最適ポートフォリオを機械的に行ってくれる商品があります。それが、“ウェルスナビ”“THEO” などの『ロボットアドバイザー』となります。

理論に沿って “運用”“リバランス” を委託する代わりに年間1.1%〔1〕の信託報酬が必要となります。

〔1〕:資産額により信託報酬が変わります
3000万円まで 1.1%(税込)
3000万円を超える金額 0.55%(税込)

超長期の運用

“現代ポートフォリオ理論” は “ランダムウォーク仮説” を元に作られているため、保有期間を考慮に入いっておりません。そのため、長期保有に対する、『平均回帰の法則』が働くことを想定していません。

私たち個人投資家が持っている強みは長期において資産を形成できるという事です。長期投資の場合は『リスク許容度』度外視すると米国株式投資100%であった方が、リスクが減ります

出典:STOCKS FOR THE LONG RUN 5th edition
図の説明

白、黒(Stocks):株式
灰、薄灰(Bonds):債権
濃灰、灰(T-Bills):割引債2

このグラフを見ると、10年以上の株式は債権より、リターンとリスク共に優れていることを表しています。

株価が右肩上がりの過去を振り返ると当たり前の結果ではありますが、それを差っ引いて考えても、30年保有で債券のリスクより米国株式の方がリスクが低いという事を認識するために、有益なグラフだと思います。

〔2〕:Treasury Discount Billsの略で、米国政府が発行する米国債の一種で、1年以下の短期国債。償還に伴う借り換えのために発行される割引債。2009年にFB(政府短期証券)とTB(短期国債)が統合されて『T-Bill』となった。

63年間の株式と債権のポートフォリオ

図の説明

緑(Stocks):株式
青(Bonds):債権
茶(50/50):株式と債権50%

1950~2013年の株式と債券のリターンを示しています。株式はリターンが多く、最低リターンもマイナスとなっていません。

50/50のポートフォリオは株式100%と債権100%のポートフォリオと比較すると、1年以上の長期運用でリスク低減効果を発揮します。そして、20年以上の長期においても、2~3ポイントのリスクが低減しています。

過去の歴史から、家庭の事情等でリスク許容度を大きく取れない方へは『カウチポテトポートフォリオ』の有効な事を表しています。カウチポテトポートフォリオについては関連記事に貼っておきます。

まとめ

  • 現代PF理論とは中期的に利益を出すために有効
    四半期や年度単位で成果が要求され、大金を運用する機関投資家向け
  • “ロボアド”で現代ポートフォリオ理論による自動運用可能
    年率コストを1.1%発生しますが、現代ポートフォリオ理論で運用可能
  • 長期投資の場合、株式100%のアセットも有効
    超長期で考えると、アセットを多く持つより株式保有が有効

共に学んでいきましょう!それでは、また!!

関連記事

カウチポテトポートフォリオについて記事を書きました。

リスク許容度について解説しました。リスク許容度からアセットアロケーションを作成する外部リンクも添付しました。

4つの分散投資について、徹底解説しました。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

記事に価値を感じた場合は、画像をクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールのあて先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは"投げ銭"専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました