株式投資 日本株

医療系×ITはめちゃくちゃ儲かる!エムスリー(2413)を分析

株式投資
ぜんきち
ぜんきち

世界最大級の医師プラットホームを運営する企業、エムスリー(2413)を分析しました。

2017年に米フォーブス誌による、世界で最も革新的な成長企業ランキングにおいて世界5位に選出された”エムスリー”をご存じでしょうか?

エムスリーはITを駆使して、医療を変革している企業です。

スポンサーリンク

エムスリー(2413)基本データ

医療関係者へ利便性の高いサービスを提供し、医療従事者をリソースとして、製薬会社や医療機器会社などのマーケティング活動も支援から利益を得ています。

 

社 名 M3,inc.
本 社 日本
ティッカー 2413
セクター Communications:通信サービス
創 立 2000年
上 場 2004年(東証1部)
時価総額(USD) 44.912Bil(2021.8.27)

 

事業内容

インターネットを活用し、健康で楽しく長生きする人を1人でも増やし、不必要な医療コストを1円でも減らすこと
それがエムスリーの願いであり、事業の目的でもあります。

出典:エムスリー ホーム画面より

印象的な事業目的から始まるホーム画面から始まる同社の社名は、『エムスリー』

社名の由来はMedicine(医療)・Media(メディア)・Metamorphosis(変革)の3つの言葉の頭文字からつけらてています。

エムスリーは、米国のドクシミティより10年前にソニーコミュニケーションネットワークの出資により創立した企業で、患者や医療関係者へ利便性の高いサービスを提供し、医療従事者をリソースとして、製薬会社や人材紹介会社から利益を得ています。

5つのセグメント事業

  • メディカルプラットフォーム
    『m3.com』世界最大級の医師プラットフォーム上で、医師が情報を受け取ったり、調査サービス、医療情報以外のライフサポート情報を提供する等、顧客の意図や用途により選べるサービスメニューを提供している。
  • エビデンスソリューション
    治験に参加する施設・対象患者を発見する治験支援サービスを提供しています。
  • キャリアソリューション
    医療関係者への求職支援サービスのを提供しており、国内だけでも4万人以上の非公開求人があります。
  • サイトソリューション
    医療機関の運営をサポートする各種サービスを展開。および、コンシューマ(一般の方)向けの医療相談サービスや「LINEヘルスケア株式会社」において、オンライン医療事業「LINEドクター」を展開している。
  • 海外
    世界各国に浸透されている既存のサービス企業を買収して、会員数の爆発的な増加を行い、エムスリ―グループ全体での会員数の総計が世界中で約600万人(全世界医師の50%)となる。
    世界に広がった、会員数を活かし、グローバルな調査サービスの提供も行っている。

海外事業でも、同じビジネスモデルで事業を展開できるため、事業規模が大きくなってもコストの増加がありません。

米国:医療系ウェブサイト『MDLinx』を運営
欧州:
英国では、医療系ウェブサイト『Doctors.net.uk』でサービスの展開し、フランス、ドイツ、スペイ ンで電子カルテ企業である『Vidal Group』を通して、医薬品情報の提供を行っている。
中国:2013年から中国企業との合弁事業を開始し、登録する医師会員数は300万人超の会員となる。
インド:合弁事業を開始

出典:エムスリー
スポンサーリンク

エムスリーの業績

出典:マネックス証券
出典:マネックス証券
出典:マネックス証券

営業利益率は30%を超える、とても儲かっている会社です。売上高が1,000憶円を超えてもなお、成長率が20%を超えている、

コロナで世界経済が減速した2020年に、投資CFが大きいのは経営者が優秀であることが伺えます。

コロナの影響

世界中で猛威を振るう、新型コロナウィルスの影響から、製薬会社や人材紹介会社などは医療関係者へ直接的な営業(MR)をかけれなくなりました。

そこで、同社が展開するサービス利用の使用を余儀なくされたことを背景に、2021年の売上高成長率は大きく伸長しました。

今後、長期に渡り「withコロナ」で世界経済が動く事。そして、初めて同社が扱うサービスを利用する機会があったことで、利便性と営業効率の上昇が表れていれば、解約率は低水準にとどまりそうです。

ビジネスモデルが同一であることから、新規解約数の増加により、エムスリーの原価費用が低くなり、元々高い利益率がさらに高まります。

関連記事

ドクシミティ(DOCS)について分析をしています。

NASDAQ100に組み入れられた、クラウドストライクも分析しています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました