米国株

『全世界』へ最安で投資方法”ETF”vs”投信”の比較!!

米国株

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

米国 全世界へ手数料最安で投資したい!!と考えている方へ向けて記事を書きました。

投資信託を保有するだけで貰えるマイレージや、クレカ積立投資で行うポイント付与を加味して、総合的にコストが最安の一択を検証しました。

この記事が、全世界投資の“ETF” or “投資信託” どちらが優れているか現時点での解答となれば幸いです。

記事が、タメになったと思われたら、SNSやリンクで紹介して頂けると今後の励みになります。

Check Point
  • 比較商品の選択
  • 信託手数料(経費率)比較
  • 懸念すべき事項
スポンサーリンク

比較商品の選択

米国の代表的なベンチマークは、『MSCIコクサイインデックス』『FTSE グローバル・オールキャップ・インデックス』この二つがあります。この指数に連動する金融商品で選定します。

ETFの選抜

ETF
  • VT
    時価総額 約 $25.17 Bil(2021.11現在)

国内ETFの選抜

※国内ETFは時価総額が小さいから注意が必要です。

国内ETF
  • 2559
    時価総額 約101憶円(2021.11現在)

投資信託の選抜

投資信託
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド(以下 SBI 世界)
    時価総額 約396憶円(2021.11現在)
    ※楽天で取扱い無し
  • eMAXI Slim 全世界株式(以下 Slim 世界)
    時価総額 約322憶円(2021.11現在)
スポンサーリンク

比較結果

配当金について

ETFと投資信託では、配当にかかる税額が大きく異なります。そのため、配当金について定義する必要があります。

  • 『VT』
    VTの2.41%(10年平均値)
    ※2010~2020平均値

信託手数料(経費率)比較

投資対象 VT 2559 SBI 全世界 Slim 全世界
種別 ETF 国内ETF 投資信託 投資信託
信託報酬
(経費率)
0.08% 0.08% 0.15% 0.15%
分配金コスト
(配当金)
約0.682%〔1〕 約0.49%〔2〕
外国
税額控除〔3〕
約0.192%
約0.096%
貸株 0.01% 0.1%    
投信point〔4〕
(楽天)
    0% 0.018~
0.036%〔7〕
投信point〔5〕
(SBI)
    0.0242% 0.0462%
投信point〔6〕
(マネックス)
0% 0.03%
total
(外国税
額控除分)
0.656~
0.56%〔8〕
0.47% 0.126~
0.15%
0.1038~
0.132%

〔1〕:VTの10年平均 2.41% ✖ 28.28%
〔2〕:VTの10年平均 2.41% ✖ 20.315%
〔3〕:確定申告で申請する必要があり、所得額により控除される額が違うため、殆どの方が100%の控除は見込めない。
〔4〕:「ハッピープログラム」に登録が必要。商品により付与ポイントが異なり、10万円ごとに付与されます。
〔5〕:「投信マイレージサービス」商品により付与ポイントが異なりTポイントが付与されます。
〔6〕:「投信保有ポイントプログラム」商品により0.08%、0.03%と付与ポイントが異なります。
〔7〕:10万円毎にポイント額が計算されるため、幅があります。
〔8〕:外国税額控除額が50%適用~100%適用の値を表示しています。

楽天証券

SBI証券

マネックス証券

算出した経費率はあくまで、ETFと投資信託どちらにおいても、課税前の配当金額が同じ前提条件の上での計算結果となります。

意外にも、ETFよりも投信の方がコストが低くなりました。

配当金を再投資する手間も投資信託の場合はありません。

<その他費用とメリット>

この他にも、ETFを購入する際は『ドル転』コストが発生します。

一方、投資信託においては年間60万円の上限はありますが、現在クレジットカードで投信を購入するとクレカポイントが付与されます。

夫婦であれば年間120万円、月に10万円ほどありますので、殆どの方には十分だと思います。

懸念事項

資産形成は長期に渡り継続して行うものなので、投資環境が変わるなど、懸念事項もあります。

懸念事項
  • 政策による環境変化
    ➡配当金への増税
    ➡外国税額控除の廃止
  • 証券会社の制度改悪
    ➡投資信託保有ポイントの改悪
    ➡クレカポイントの廃止

比較結果(最安の1択)

“SBI証券” で購入するeMAXI Slim 全世界株式が経費率が最安になりました。

懸念事項としては、SBI証券の制度改悪による、ポイント還元率の低下が起きる可能性があります。

購入口数

ETFの場合1~2万円最低購入資金が掛かります。投資信託の場合は100円から1円単位で購入できるため、配当金再投資の効率が良くなります。

まとめ

  • ETFより投信の方が “経費率” が低い
  • SBI か『Slim 全世界であれば、買付ポイントが無くても優れている。
  • 今後の懸念事項 “ポイントの改悪” や “政策変更”

共に学んでいきましょう!それでは、また!!

関連記事

SBI証券のクレカポイント設定について解説しました。

“楽天VTI” と “SBI Vシリーズ” の損益分岐点について解説しました。

4つの分散投資について、徹底解説しました。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

記事に価値を感じた場合は、画像をクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールのあて先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは"投げ銭"専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました