株式投資 節税

【最新版】ジュニアNISAの改正点 制度改正でどうなった??

節税

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

この記事を読むと、ジュニアNISAの基本的な事柄や、
ジュニアNISAで資産運用する上で、必要な知識が身に付く。

スポンサーリンク

ジュニアNISAの基礎知識

ジュニアNISA口座の概要
  • 加入対象0~19歳
  • 年間投資枠80万円
  • 親権者が代理運用
  • 口座開設後に金融機関の変更出来ない

1)加入対象年齢
日本居住の0~19歳※(未成年者)が使用できる制度
※口座開設する年の1月1日時点での年齢

2)年間80万円の投資枠
 80万円✕最長5年(※2023年で新規買付終了)が非課税

3)親権者が代理運用
 親、祖父母が拠出した資金で、子供のために代理運用
※相続税110万円の枠を使うため注意(相続金額が110万円超過で税金がかかる)

4)口座開設金融機関の変更が不可
 変更する場合は加入中のジュニアNISA口座を廃止して、
変更先の金融機関で新規にジュニアNISA口座を開設
※1ヶ月~2ヶ月程度かかります。

スポンサーリンク

NISA口座の比較”一般” ”つみたて” ”ジュニア”

 

分類  一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
非課税枠 / 年 120万円 40万円 80万円
非課税期間 5年 2042年まで(21年) 5万円
ロールオーバー 不可
投資可能期間 2023年まで 2037年まで 2023年まで
投資可能金融商品 株、投資信託、ETF
 、REIT etc..
投資信託、ETF
(金融庁で定めた商品)
一般NISAと同様
対象者 20歳以上・日本居住 20歳以上・日本居住 19歳以下・日本居住
払い出し いつでも可 いつでも可 18歳になる年に可※

 

※3月31日時点で18歳である年の前年の12月末まで 払い出し不可

注意点

・ロールオーバーは5年目の10月より申請できるため、忘れず行うこと
NISAの新しい制度が2024年より開始されます(以下 新NISA)

ジュニアNISA不人気な理由と改正後

ジュニアNISAの改正点まとめ

・結局、18歳まで払い出し不可能となった。

ジュニアNISA不人気な理由

2019年12月末時点で、一般NISAの口座開設数”約1,176万口座”に対し
ジュニアNISA口座は”約35万口座”(積立NISA “約188万口座”)であり、
積立NISAより導入は早かったが利用者が少なかった。

結果して、不人気制度となった。


不人気の原因は
18歳まで払い出し不可能ということを言われています。

ジュニアNISAの改正点

2020年税制改正大綱において、ジュニアNISAが2023年で廃止されることが盛り込まれました。

大きなデメリットであった”払い出し制限”が撤廃されることになりました。(2020年4月時点)
つまり2023年以降は、払い出しを行っても非課税で引き出しすることが可能となります。

”払い出し制限”は残ることとなりました。(2021年2月時点)

金融庁のHPによると、
20歳になる前にジュニアNISA制度が終了(2024年になって)してしまう場合には、
継続管理勘定(ロールオーバー用)で20歳になるまで非課税で保有することができます。
この継続管理勘定では新しく買付を行うことが出来ません
売却後は”払出し制限付き課税口座”※に移管されます。

※3月31日時点で18歳である年の前年の12月末まで 払い出し不可

ジュニアNISAの使い方

使い方まとめ
  • 一般NISA”つみたてNISA”を先に利用して、まだ生活資金に余裕がある場合、ジュニアNISAiDecoを検討する。
  • iDecoの払い出し日と比較する。
  • 子供が扶養控除対象16歳以上)となり、確定申告不要とするために加入する。
  • 子供の収入(その他収益+配当益)が48万円を超えないように、加入する。
<例>iDeco(イデコ)選択の場合

子供や孫が18歳(10年)<自分が65歳(3年)

<例>ジュニアNISA選択の場合

自分が65歳(10年)<子供や孫が18歳(3年)

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました