インド株

インドの大手IT企業!!インフォシス(INFY)の分析

インド株
ぜんきち
ぜんきち

インドの大手IT企業である Infosys を紹介します

インフォシス(INFY)は、ITサービスを武器に、世界の企業ににコンサルティング、アウトソーシング、情報および技術サービスを提供するインドの多国籍企業です。

スポンサーリンク

インフォシス(INFY)基本データ

社 名 Infosys Ltd.
本 社 インド バンガロール
ティッカー INFY
セクター
Technology:情報技術
創 立 1981年
上 場 1996年(NYSE)
時価総額(USD) 95.648 Bil(2021.9.16)

事業概要

インフォシス(Infosys)は1981年に7人のソフトウェア技術者により設立られ、世界的なIT革命により成長しました。

インドはアメリカから時差が12時間あり、アメリカが夕方に依頼した仕事が翌朝には仕上がっている状態が可能となります。地理的に恵まれてこともあり、低廉で質の高い同社のプログラム技術はアメリカやヨーロッパで評価されました。

主な顧客は、保険、銀行、通信、製造業を相手にしており、北米からはオフショアアウトソーシングモデルを活用して60%の収益を上げています。コンサルティングからクラウドインフラサービスを行い、現在はBPaaSに注力している。

BPaaSとは

「ビーパース」と言われ、Business Process(ビジネスプロセス)とSAAS(システムアズアサービス)を合体させた意味の造語。

外部委託におけるプロセス未改善の問題をクラウド技術で補う事が可能となったサービスを言う。

スポンサーリンク

インフォシスの業績

出典:マネックス証券

売上構成

2021/3(12ヶ月) 売上高($ Mil) 構成比率 利益率
Financial Services 4,399 31.5 % 27.5 %
Retail 1,991 14.2 % 34.7 %
Communication 1,703 12.2 % 22.1 %
Energy, Utilities, Resources and Services 1,692 12.1 % 28.4 %
Manufacturing 1,275 9.1 % 27.1 %
Hi Tech 1,155 8.3 % 28.7 %
Life Sciences 927 6.6 % 31.4 %
Others 838 6.0 % 20.0 %

足元の業績は良いことや、世界的なコロナウィルス感染者数が世界で2憶人を超える状況の中、IT企業は追い風が吹いています。

同社の過去のPERは15~23倍の間で推移しています。しかし、現在は35倍を超えており、かなり割高な水準です。仮に悪い決算が続けば、同社の株価は元の水準にさがりそうです。

まとめ

・売上の60%が北米である。
・BPaaSに注力している。
・PERが35倍を超え、同社では割高水準である。

それでは、また!

関連記事

今後成長が見込める新興国について解説しました。

“インド”の歴史と将来性について解説しました。

注目すべきインド株と購入できる証券会社について解説しています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました