インド株 株式投資

【インド株】タタ・モーターズ(TTM)について

インド株

インドは少子高齢化を迎える中国を抜き去る勢いを見せています。日本の証券会社でも投資が可能な一般消費財(Consumer Discretionary)であるタタ・モーターズ(TTM)を分析してみました。

スポンサーリンク

タタ・モーターズ(TTM)基本データ

 

社 名 Tata Motors Limited.
本 社 インド ムンバイ
ティッカー TTM(NYSE)
セクター Consumer Discretionary:一般消費財
創 立 1945年
上 場 2004年(NYSE)
時価総額(USD) 15.606 Bil(2021.7.9)

 

事業内容(タタ・グループ)

タタモータズはインド3大財閥のひとつのタタ・グループの会社です。

タタ・グループは経済界だけではなく、政治的にも大きな影響力を持っています。

タタ・グループとしては持株会社タタ・サンズ、タタ・インダストリーズを通して、7つの本業セクターで91の会社を経営しています。

なかでも、自動車産業はグループの中核として位置しています。

自動車販売の競争力は強く、商用車の国内シェアは約45%と圧倒的です。

(乗用車のインド国内1位は”マルチスズキ”です。)

タタ・グループは経営破綻した大宇自動車(韓国GMのトラック部門)を2004年に買収し、

さらに積極的なM&Aで2008年6月には米フォードの「ジャガー」と「ランドローバー」ブランドを23億ドルで買収しています。

スポンサーリンク

TTMの業績

出典:マネックス証券より

2018年の“世界自動車メーカー売上高ランキング”では、スズキ(16位)マツダ(17位)を超える第15位になるまで売り上げを伸ばしました。

セグメント構成

セグメント構成(2021.3)

収 入

(百万INR)

比 率

Jaguar Land Rover

(ジャガー ランドローバー)

1,926,617 77.6%

Tata and other brand vehicles

(タタ と その他のブランド)

497,124 20.0%

Vehicle Financing

(自動車融資)

41,802 1.7%

Others
(その他)

16,089 0.7%

出典:マネックス証券の銘柄スカウターよりデータ加工

タタモータズと聞いたら、『安い車』というイメージがあります。

2008年に“タタ・ナノ”という世界最安の10万ルピー(当時の約28万円)が発売されました。

この破壊的な価格で一斉にタタモータズの名が知れ渡りました。

タタモータズは”タタ・ナノ”のイメージがつよく、安全性について疑問点がありました。

しかし、”ジャガーランドローバー”という象徴的なブランドも擁して、その弱点を補完するだけでなく、高級車の高利益率で利益拡大に寄与しました。

近年について

2020年度の乗用車販売は前年比2.2%の減少となり、自動車産業に影響がありました。

タタモーターズの乗用車販売台数は約62.1%の増加となり、(2019年度比)増加の要因は新車種の積極的な導入でした。

2020年度の乗用車国内販売台数
1位 マルチ・スズキ:1,293,840(▲8.5%)
2位 現代:471,535(▲2.8%)
3位 タタ・モーターズ:224,109(62.1%)
※インド自動車工業会:SIAMより

楽天証券開設で200ポイントGet

幅広いインド個別株に投資可能
楽天証券を開設していない方限定の特典となります。
こちらの記事から、口座を申し込むと200ポイント付与されます。
記事のリンクを添付しておきますのでよかったらどうぞ。

お申し込みはこちら

関連記事

今後成長が見込めるインド株の基本情報を整理しました。

予想成長率No.1のベトナムの魅力について解説しています。

新興国の将来性について解説しています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました