インド株 株式投資

【インド株】ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ(RDY)について

インド株

インドは少子高齢化を迎える中国を抜き去る勢いを見せています。日本の証券会社でも投資が可能な健康管理(Health Care)であるドクター・レディーズ・ラボラトリーズ(RDY)を分析してみました。

スポンサーリンク

ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ(RDY)基本データ

 

社 名 Dr. Reddy’s Laboratories Limited.
本 社 インド ハイデラバード
ティッカー RDY(NYSE)
セクター Health Care:健康管理
創 立 1984年
上 場 2001年(NYSE)
時価総額(USD) 12.216 Bil(2021.7.9)

 

事業内容

インドを代表する製薬メーカーであり、数多くの特許を持っています。

販売国はインドに限らず米国、欧州、ロシアを中心に、販売しています。

事業は“ジェネリック部門”、”医薬品サービスと活性成分製造事業部門”、”自社薬品部門”の3つをコアとして事業を展開しています。

事業の主力はジェネリック(後発医薬品)であり、後発薬の大手として世界中に知られています。

スポンサーリンク

RDYの業績

出典:マネックス証券より

セグメント構成

セグメント構成

収 入

(百万INR)

比 率

Global Generics

(後発医薬品)

154,404 81.4%

Pharmaceutical Services and
Active Ingredients

(医薬品サービス と 活性成分製造事業)

31,982 16.9%

Proprietary Productsz

(自社薬品)

523 0.3%

Others
(その他)

2,813 1.5%

出典:マネックス証券の銘柄スカウターよりデータ加工

3つの事業区分により構成される。中でも、後発医薬品事業は2020年比で約11.7%増加しました。

医薬品サービス・活性成分製造事業(PSAI)事業は同社の医薬品有効成分(API)および、医薬品サービス事業で構成されています。

同社はAPI販売者として、世界中に100を超えるAPIの作成・配布を行い、その規模は世界トップクラスとなります。

今後の業績予想

2019年に米食品医薬品局(FDA)から、“オピオイド依存症”を治療するための薬品”Suboxone”の後発薬を米国内で販売する承認を受けました

インドの製薬会社として初の事例であり、同社の製薬技術と有能な経営者がいることが想像できます。

今後は、自社薬品のさらなる業績上昇を期待しています。

オピオイド依存症

オピオイド系鎮痛剤の中毒のこと。オピオイドは”ブプレノルフィン”と”ナロキソン”を含む医療用麻薬である。アメリカでは1999年頃から2013年にかけて190万人が鎮痛剤の依存症だったとされています。(CDCより)

楽天証券開設で200ポイントGet

幅広いインド個別株に投資可能
楽天証券を開設していない方限定の特典となります。
こちらの記事から、口座を申し込むと200ポイント付与されます。
記事のリンクを添付しておきますのでよかったらどうぞ。

お申し込みはこちら

関連記事

今後のインド株成長について情報を整理しました。

新興国に投資する際のポイントについて解説しています。

予想成長率No.1のベトナムの魅力について解説しています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました