分析サイト

機関投資家が注目している『FACTSET』の使い方!

分析サイト
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

米国全体の決算はどうだったの?
米国決算の概要だけ知りたい
この疑問を解決する記事を書きました!!

株式投資において、決算が重要だと知っているけど、いちいち個別企業の決算を見る時間がありませんよね…

私自身も2人の子供を育てながら、兼業で投資していると、なかなか時間を取ることができません。

日本にいながら米国株に投資していると、米国の経済を肌で感じることはできません。そのため、海外へ投資を続けていくためにも、米国全体のポイントを抑えることが必要になります。

概要だけ解説している
サイトはないのだろうか?

実は、プロの投資家も確認している決算概要を掲載しているサイトがあります。

それが、『FACTSET』です。

『FACTSET』の情報を取得するという事は、有益な一次情報にアクセスしていると言っても過言はありません。

でも…どこを見れば良いのか

わからない

おっしゃるとおり、FACTSETではどこが重要なのか?そして、どうやって見れば良いのか解説した記事がありません。

そこで、この記事では確認する方法を複数の画像を使って、わかりやすく解説します。

S&P500や全米株式へインデックス投資をしている方や、米国経済の状態を短時間で知りたい方は、この『FACTSET』というサイトを見るだけで簡単に状況が把握できます。

Check Point
  • “スマホ” “PC” 確認方法について
  • 確認するポイントはどこ?

記事を“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

スポンサーリンク

サイトの確認方法

こちらでは、『決算の概要』のページまでたどり着く手順を画像で解説しています。

確認手順
  • STEP0
    Google検索

    「factset」もしくは「ファクトセット」とタイプ
    「ファクトセット – FactSet」をクリック

  • STEP1
    タブ選択

    モバイル:左上の「三」
    PC:上の右側にある
    「INSIGHTS」を選択

  • STEP2
    メニューの選択

    INSIGHT BY TOPIC の「Earnings」を選択

  • STEP3
    記事の選択

    「S&P 500 Earnings Season Update:~~」を選択

STEP1.タブ選択

タブの中の「INSIGHTS」を選択します。

\タップで拡大します/

FACTSET

STEP2.表示の変更

左側に”INSIGHT BY TOPIC”があり、この中の「Earnings」を選択します。

\タップで拡大します/
FACTSET

STEP3.記事の選択

「S&P 500 Earnings Season Update:~~」の日付が最新の記事を選択ください。

\タップで拡大します/
FACTSET

重要項目と確認方法

重要項目の確認
  • STEP4
    ダウンロード

    スクロールすると、
    「DOWNLOAD EARNINGS INSIGHT」
    画像をクリック
    ※PCのみで可能(スマホは不可)

  • STEP5
    重要事項の確認

    決算の概要確認
    (DeepL翻訳を使用)

  • STEP6
    その他項目

    S&P500のPER確認

STEP4.ダウンロード

PCであれば、レポートをダウンロードする事もできます。

下へスクロールすると、この画像がありますので、クリックすることでダウンロードが開始されます。 ※PCのみで可能(スマホは不可)

STEP5.重要事項の確認

ダウンロードされたものは、こちらになります。ちなみに、このデータは数十枚あります。

この資料の概要は、冒頭にある“Key Metrics”に集約されていますので、最低限ここだけ見て頂きたいです。

え…英語やん

英語は翻訳サイトを使って日本語へ変換します。

現在のところ、DeepL翻訳もしくは、Google翻訳を使えば、コピペするだけで日本語訳が可能です。

出典:DeepL

無料版のDeepL翻訳は5,000字対応となります。”Key Metrics”の文字数は1,000字弱なため、十分対応可能です。

例え、5,000字を超過したとしても、手間はかかりますが、分割して翻訳する事が可能です。

chromeの拡張機能である『Google翻訳』は文字数制限がありませんので、こちらの使い方を貼っておきます。

STEP6.その他項目

上の画像は、下から4~5ページ目にあります。

こちらのS&P500のPERチャート〔1〕が表示されています。

言い換えると、米国を代表する500社の予想EPSを基に作成されています

〔1〕PERとは:(Price Earnings Ratio)の頭文字で、株価収益率と呼ばれています。現在株価の『割安性』を示す指標とされています。

このチャートに10年平均5年平均が破線で表示されており、現在の株価がある程度〔2〕割高もしくは割安かを把握する事ができます

当然、決算やカンファレンスコールで未来想定するEPS〔3〕が悪くなると、PERは下がります。

〔2〕ある程度とは:コロナショックの時にはあまり低くならなかった。
〔3〕EPSとは:「Earnings Per Share」の略で、1株当たり純利益(当期利益や当期純利益など)

データについて

概要の見方や最新情報がいつ公開されるのかを解説します。

注目ポイント

“Key Metrics”を読んで抑えておきたいポイントは、確認時点で「企業の決算発表は何%終わったのか」や、「企業収益」に関する事項と、「市場予想より上昇した企業数」です。

成長率を見ないと、本当の良し悪しがわかりません。

2022年3Qの決算では市場予想より、70%弱の上昇であり”良くない”という評価となります。

注目ポイント
  • 決算開示終了率
  • EPS・売上高 のポジティブサプライズ率
  • 収益成長率

11月からは米国株が上がるアノマリーが広く知られていますので株価が上昇していく見込みがあります。

アノマリーについてはこちらを参照ください。

更新頻度

毎週土曜日に情報が更新されます。

FACTSETへはこちらから、飛べます。最新情報を是非、確認してみてください。

まとめ

  • FACTSETは “スマホ” “PC” どちらでも確認可能
  • EPS・売上高・サプライズ率・成長率』が大切
  • FACTSETのデータは土曜日に更新される

関連記事

個別株へ投資を行っている方は、決算カンファレンスコールが非常に重要です。企業の日本語訳方法についてはこちらで解説しています。

世界経済でこの10年間絶好調だった米国の強さの原動力について記事を書きました。

私はこの書籍と巡り合うまで、決算書を見るのが億劫でした。この本は決算書を『読んでみたい』という気持ちにさせてくれるオススメ書籍です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\1日1回クリックお願いします/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

応援して頂ける方は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

※このアドレスは投げ銭専用です。

nagesen39@gmail.com

Copy

ぜんきちをフォローする
投資のススメ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。(画像の直リンクは禁止)
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

30代(投資歴17年)/20代で純資産3,000万円達成/週刊SPA!から取材経験あり/2児の子育て会社員兼業投資家/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/メッセージはTwitterでお願いします

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました