節税 最適化

【図解】外国税額控除の繰り越しとは?仕組みを解説

節税
スポンサーリンク

国税庁の外国税額控除繰越の考え方

国外所得が生じた年と外国所得税を納付することとなる年が一致するとは限らない。そのため、年分の違いを調整するために、外国所得税控除額の差額を3年間繰り越すことが可能となった。

スポンサーリンク

外国所得税の額が控除限度額を超える場合

本年の前年以前3年内の各年の所得税控除限度額のうち、本年に繰り越される金額(以下「繰越控除限度額」)があるときは、本年の外国税額控除額と“繰越控除限度額”を加算した額が限度となり、本年の外国税額控除額を超える金額を所得税額から差し引くことができます。


言い換えをすると、本年以前(3年間)に繰越控除限度額がなければ、所得税を減税することはできません。

外国所得税の額が控除限度額に満たない場合

 本年の前年以前3年内の各年において納付することとなった外国所得税額で各年において控除しきれなかった金額(以下「控除限度超過額」)があるときは、控除限度超過額の合計額(以下「繰越外国所得税額)を一定の範囲内で本年分の所得税額から差し引くことができます

要約すると、本年に控除限度額にまだ余裕がある場合(以下、「余裕控除限度額」)でかつ、本年以前(3年間)に、”繰越外国所得税額”がある場合。“余裕控除限度額”を上限として所得税から減税することができます。

言い換えをすると、本年に余裕控除限度額がなければ、所得税を減税することができません。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました