米国株

フロア&デコア(FND)の分析

米国株
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

ぜんきち
ぜんきち

米国住宅需要の好調で恩恵を受けている、フロア&デコアについて解説します。

あのウォーレン・バフェット氏が購入したとされる、フロア&デコア(FND)は住宅建築会社、内装業者、ホームセンターや個人へ装飾的なフローリングを含む床材、フローリングの材料を販売する専門小売会社です。

スポンサーリンク

フロア&デコア(FND)基本データ

社 名 Floor & Decor Holdings Inc
本 社 アメリカ ジョージア州
ティッカー FND
セクター
Consumer Discretionary:一般消費財
創 立 2000年
上 場 2017年(NSYE)
時価総額(USD) 13.9 Bil(2021.11.19)

事業概要

フロア・アンド・デコア・ホールディングス(Floor & Decor Holdings Inc)は、その名の通り床材・フローリングの専門小売業者として事業を展開しています。同社は安価でタイル、木材から装飾・取り付け備品の販売を安価で提供しており、顧客は一般カスタマーからゼネコン、専門の設置業者と幅広いです。

従来の広告とSNS、オンラインマーケティングを使用し、自社のHPにおいても製品を販売しております。

米国の33州の地域で約153の倉庫型店舗に加え、2つのデザインスタジオを運営し、米国国内でプレゼンスを発揮しています。

フロア&デコアの業績

出典:マネックス証券 データ加工
  売上高 $ Mil EPS
2011/12 276 0.08
2012/12 335 0.13
2013/12 441 0.11
2014/12 585 0.16
2015/12 784 0.28
2016/12 1,051 0.45
2017/12 1,385 1.03
2018/12 1,710 1.11
2019/12 2,045 1.44
2020/12 2,426 1.84
出典:マネックス証券 データ加工
CF($ Mil) 営業利益率 ROE ROA 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物
フリーCF
2011/12 7.60% -% -% 8 -10 4 3 -2
2012/12 7.80% 4.70% 2.70% 23 -11 -16 0 13
2013/12 6.20% 4.10% 2.10% -15 -25 40 0 -40
2014/12 6.30% 5.50% 2.50% 44 -39 -4 0 5
2015/12 6.70% 9.00% 3.90% 20 -45 25 0 -25
2016/12 7.60% 19.60% 5.60% 89 -75 -15 0 15
2017/12 8.50% 35.60% 10.80% 109 -102 -7 1 7
2018/12 7.70% 22.60% 10.10% 186 -151 -34 1 34
2019/12 7.80% 22.30% 8.50% 205 -196 18 27 9
2020/12 8.80% 22.10% 7.50% 406 -212 87 308 194

売上構成

2020/12(12ヶ月)

売上高($ Mil) 構成比率
Tile 605 25.0 %
Decorative accessories/ wall tile 556 22.9 %
Laminate / luxury vinyl plank 485 20.0 %
Wood 403 16.6 %
Natural Stone 211 8.7 %
Other 153 6.3 %
Installation Materials and Tools 12 0.5 %

フロア&デコアの業績と今後

直近の業績

2021年9月末までの売上高は、3Qの$684.8 Milから約28%増加の$876.6 Milとなりました。

また既存の店舗の売り上げも約11%増加しました。

2021年度には、既に20店舗の新規倉庫を出店しており、4Qで更に7店舗を追加する予定です。

扱う製品が、『床材』となりますので、住宅着工件数や建築許可件数〔1〕が利益を押し上げてくれます。

〔1〕:アメリカでひと月に建設された新築住宅戸数を、米商務省が調査して毎月公表する指標です。一戸建てと集合住宅に分けられ、さらに地区毎(北東部、中西部、南部、西部)に集計されます。季節ごとのばらつきが大きいため、調整をかけたうえで年率換算して発表されます。

建築許可数は住宅着工の先行指標となります。

住宅着工件数と建築許可件数

出典:みんかぶ

建築許可件数が今後着工される住宅件数となりますので、米国の住宅需要を反映しています。

2020年のコロナ禍での住宅申請件数が減少したこともあり、一時減少しましたが、2021年初頭までに許可数が伸びました。住宅着工件数も伸び、それ以降は一定水準を保っています。

長期的に見ると、どちらも過去から右肩上がりで推移しています。

まとめ

  • アメリカ33州で展開する『床』に特化した専門小売会社
  • 住宅需要好調もあって、既存店の売上上昇と店舗数の増加もしている
  • 建築許可数と着工件数が一定水準で推移している

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

日本の医療関連企業で売り上げを拡大していく”エムスリ―”について解説しました。

米国No1.EVメーカーであるテスラについて解説しました。

バフェットの投資手法について解説しています。

スポンサーリンク
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

応援して頂ける方は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

※このアドレスは投げ銭専用です。

nagesen39@gmail.com

Copy

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

投資歴15年以上の30代サラリーマンであり2児の親/投資からの収益は8桁以上/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/月間2万PV達成し、フォロワー700人

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました