中国

中国不動産業界に激震!渦中の恒大集団と世界経済危機の可能性

中国

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

恒大集団が中国経済に与える影響ってどれだけ?と疑問がある方へ向けて記事を書きました。

昨年から、中国不動産業界で不穏な気配があります。

それは、中国不動産企業トップの『恒大集団』がデフォルトの可能性が示唆されており、この先半年から1年の間でデフォルトが起こると言われています。

恒大集団について全てを記載すると文字数が大きくなるため2つの記事にわけて解説しており、2つめの記事となります。

今回の記事では
1.現在の借金額
2.リーマンショックとの比較
3.投資家が注目

この3つに分けて解説します。恒大集団とは

現在の株は2009年の新規公開株価4HKドルを下回り、2017年につけた最高値31.6HKドルから90%以上の暴落となります。

スポンサーリンク

現在の借金額

『黒色』がドル建ての債権となります。『ピンク』が人民元建て債権です。

出典:ブルームバーグ
日付 外貨建て債権($ Mil) 人民元建債権($ Mil)
2021.9 128.7 35.7
2021.10 148.1 18.8
2021.11 82.5 0
2021.12 255.2 0
2022.1 352.5 48.4

このグラフによると、今年の9月に$128.7 Milの外貨建ての債券が支払い期限を迎えます。

もし仮に、ベイルアウト〔1〕があったと仮定すると、人民元建て債券はクリアできます。しかし、同社の場合は外貨建ての社債が70%に当たるため、一筋縄ではいきません。

9月23日に支払期限だった、人民元建ての社債については利払いが出来たと発表されました。やはり、外貨建て債権に関しては利払いがない状態となっております。

〔1〕:政府が公的資金を用いた救済

デフォルトへ

債権の利払いが行われないと、直ちに「デフォルト」となるのかというと、そうではありません。

クーポン(利払い)の支払期日を超えてから、最大で30日間の猶予が与えられます

9.23に支払われるべきクーポンは $83 Milあり、これを支払う事ができたとしても、10月に$148.1 Mil 12月には$255.2 Milの返済が必要になるため、デフォルトが起きるのも時間の問題と言えます。

スポンサーリンク

リーマンショックとの比較

2008年の米国投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻があってから、13年たった今、恒大集団は同じ影響を及ぼすのか考えてみたい。

事業の違い

リーマン・ブラザーズは『投資銀行』であったのに対し、恒大集団は『不動産業』であり、利益を生み出す仕組みが違います。不動産業は資産を所有しており、その資産に付加価値を付けて売る商売です。

恒大集団の場合、所有する資産を売却して、ある程度お金を生むことができるため、リーマン・ブラザーズとは状況が異なります

政府による救済

2008年には、世論の圧力もあり、米国政府がリーマン・ブラザーズは救済しませんでしたが、他の金融機関を救済しました。

自由主義をうたうアメリカでさえ救済しています。

中国の場合、他国と比べて企業への関与レベルは一段高いレベルにあります。そのため、中国政府が全く動かない姿は想像しにくい。

しかし、以前の中国政府であれば、既に対応している状態にありますが、なぜ対応していないのでしょう?

答えは、習近平氏が掲げた『共同富裕』にあります。『共同富裕』とは格差是正の政策です。恒大集団の債権者は “富裕層” か “大企業” です。

つまり、恒大集団を救済することは、富裕層を優遇することと同じことになるからです。

投資家が注目

リーマンショックの原因となった、サブプライムローンは、基となる債権が20倍に膨れ上がる、デリバティブ商品が世界中に広がっていました

しかし、恒大集団の場合は関連企業を含む企業へ限定〔2〕されるため、1倍の債券では影響が限定的であるとみられています。

〔2〕:ドル建ての債券は米国の銀行が所有($1,300 Mil)外貨建ての債券の7%

では、世界投資家が現在注目しているのは何かというと、FRBの利上げです。

先日のFRBの会見では、「2022年半ばにテーパリングは終了する」との発言がありました。

これは、とても大きなニュースです。

前回の2014から始まったテーパリングが終了するまでに約10ヶ月ありましたが、今回は6ヶ月とかなり早いことがわかります。

パウエル議長の会見では、「利上げとテーパリングは別」と発言があったため、市場の動揺はありませんでした。

利上げや金融引き締めが始まれば、今までとベクトルの向きが逆になります。そうすると、これまでの市場とまったく異なり小さなニュースが市場の動揺を起こす市場に変化します。

まとめ

  • 外貨建ての債務残高が大きいため破綻は避けられない
  • 恒大集団の影響は世界経済には限定的と予想できる
  • 世界の注目はFRBの利上げ時期へ移った。

それでは、また!!

関連記事

中国不動産No1企業の恒大集団について解説しています。

中国株が大暴落!逆張りはありか検討しています

暴落局面が来る前に確認したい”リスク許容度”を測る 5つのチェックポイント

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました