インド株 株式投資

【インド株】エロスSTXグローバル(ESGC)について

インド株

インドは少子高齢化を迎える中国を抜き去る勢いを見せています。日本の証券会社でも投資が可能な通信サービスセクター(Communications)であるエロスSTX(ESGC)を分析してみました。

スポンサーリンク

エロスSTX(ESGC)基本データ

社 名 Eros STX Global Corporation.
本 社 アメリカ カルフォルニア州
ティッカー ESGC(NYSE)
セクター Communications(業種:Services)
創 業 2006年
上 場 2012年(NYSE)
※旧ティッカー:EROS時にNYSEにおいて上場
時価総額(USD) 568.397 Mil(2021.7.5)

 

事業内容

エロスSTXグローバルは、インド最大のサブスクリプション式の動画配信サービスや映画製作を手掛ける『エロス』と 米国映画製作会社であるSTXが2020年7月に合併した会社です。

エロス・インターナショナルとSTXエンターテインメントは2020年7月末に合併し、エロスSTX(ティッカー:ESGC)という社名となりました。

もともと、エロスはインド(ムンバイ)の大手映画テレビ番組制作会社で、インド最大級の有料動画配信サービスの1つも運営しています。(南アジア主要のOTTプレイヤー)

一方、STXはアメリカ(カルフォルニア州)にある会社で、国際的なエンターテインメント企業であり、「アイリッシュマン」「ハスラーズ」などの映画を作成しています。

この2つの企業が合併したことで、150ヶ国以上に展開する”エンターテインメント”大企業が誕生しました。

ErosSTXは”南アジア”と”中国”そして”アメリカ”の数ある市場でコンテンツの配信を行えます。

また、OTTプラットフォーム『Eros Now』を所有しており、ヒンディー語と地域の言語で12,000を超える映画の権利を持ち、2021年3月31日で2億2,400万人の登録ユーザーと3,990万人の有料加入者がいます

OTTとは

over the topの頭文字でOTTとしています。OTTは従来のインフラに頼らない、または従来のインフラを飛び越えたという意味で用いられ、インターネットによるコンテンツ配信を意味しています。

Eros Nowについて

エロスSTXで今後ますます注目されるのがEros Nowです。

Eros Nowには、予告編、オリジナルの短い独占インタビュー、マーケティングショーツなど、合計4,400を超える短い形式の豊富なライブラリもあります。

現在までに、Eros Nowは、ヒンディー語、英語、タミル語、ベンガル語、マラーティー語、グジャラート語、マラヤーラム語、テルグ語、パンジャブ語を含む9つの異なる言語180本以上の映画を上映することに成功しています

さしずめ、インド版の”Neflix“と言えます。

Eros Nowの視聴地域はインドが2/3を占めており、その63%が映画でした。

総視聴時間の内、Eros Nowオリジナルシリーズの映画は9%に相当しています。

今後はインドのOTT市場でリーダー的地位を強化するために、2021年度中に8つのインド言語で合計46のオリジナルシリーズと映画のプレミアをリリースする予定としています。

セグメント構成

収 入

(百万ドル)

比 率

Digital and other ancillary

(デジタルコンテンツ配信)

138 88.6%

Theatrical

(劇場)

11 6.8%

Satellite content licensing

(サテライト コンテンツ ライセンス)

7

4.6%

出典:マネックス証券の銘柄スカウターよりデータ加工

スポンサーリンク

エロスSTXの業績

出典:マネックス証券の銘柄スカウター

Netflixとの競争

エロスSTXはコロナの影響が大きく、営業利益率の減少が大きく表れています。

2021年3月31日には2億2,400万人の内、新規有料加入者は1,060万人、年間成長率は36.2%となりました。

Netflixはアジアへも進出してきている。新規加入者数増加は一年で900万弱となり、特にインドへの投資強化を行い、ヒンディー語に対応させました。

今後、Netflixとの競争が激化していくのが予想できるため、業績の伸長に楽観視は出来ない状況になりそうです。

楽天証券開設で200ポイントGet

幅広いインド個別株に投資可能
楽天証券を開設していない方限定の特典となります。
こちらの記事から、口座を申し込むと200ポイント付与されます。
記事のリンクを添付しておきますのでよかったらどうぞ。

お申し込みはこちら

関連記事

他にも投資できるADR銘柄を記載しています。

インド最大の太陽光発電企業について分析を記載しています。

今後が期待できる、新興国について解説しています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました