株式投資 新興国

日本で投資可能な”有望な新興国” ETF一覧表

株式投資
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

新興国ってどうなの?という疑問を持っている方へ記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

新興国別のETF一覧を見たい方に向けて記事を書きました。

前回の記事で、将来が有望な国をピックアップしました。

今回は新興国を国別に投資するETFを紹介します。

今回は新興国の中でも投資適格となりそうな
新興国のETFについて紹介します。

スポンサーリンク

新興国別 ETF一覧表

ティッカー 経費率  
中国 FXI 0.74%
iシェアーズ中国大型株ETF
台湾 EWT 0.59%
iシェアーズMSCI台湾ETF
フィリピン EPHE 0.59%
iシェアーズMSCIフィリピンETF
インド EPI 0.84%
ウィズダムツリー インドETF
ベトナム VNM 0.66%
ヴァンエック・ベクトル・ベトナムETF
インドネシア EIDO 0.59%
iシェアーズMSCIインドネシアETF
シンガポール EWS 0.51%
iシェアーズMSCIシンガポールETF
ポーランド EPOL 0.59%
iシェアーズMSCIポーランドETF
アフリカ AFK 0.79% ヴァンエック・ベクトル・アフリカETF

 

米国や全世界のETFと比較して、経費率が高い傾向があります。

しかし、新興国への投資は超長期で行われるわけではなく、長期のトレンドに合わせて投資する対象のため、経費率はそれほど重要ではありません

買付可能なネット証券(2021.6)

ティッカー SBI 楽天 マネックス
中国 FXI
台湾 EWT
フィリピン EPHE
インド EPI
ベトナム VNM ×
インドネシア EIDO
シンガポール EWS
ポーランド EPOL
アフリカ AFK

 

スポンサーリンク

新興国全体に投資したい場合

“VWO”であれば、年利0.1%と少ない経費率で投資ができます。しかし、大きな割合で中国・台湾の2国だけで、約60%も占めます。

そして、2050年の予想GDP成長率第一位“ベトナム”が含まれていません。例えば、テスラがS&P500に組み入れされた時のように、ベトナムがVWOに組み入れられると、”VNM”もある程度上昇の影響があると考えれます。

ベトナムについては、”楽天証券”もしくは”マネックス証券”にて個別に投資する必要があります。

ジミー・シーゲル氏の記述

新興国投資前に確認したい署名投資家の『株式投資の未来』の書き出しで、PERについての書き出しが印象的です。

シーゲル教授は資産形成の中で、バリュエーションについて特に重要視しています。

(予想PERが低ければバリュエーションが良いと判断します。)

このPERは企業だけではなく、米国やヨーロッパ、そして新興国市場にも同じ事が言えると言っております。

まとめ

  • 新興国の中でも将来有望な国に投資しよう
  • “VWO”の投資だけでは中国、台湾に偏る
  • 現在(2021年)での新興国のPERは割安圏にある

関連記事

新興国へ投資する前に抑えておきたい注目すべきポイントを別の記事で記載しました。

新興国株に潜むリスクについて別の記事で記載しました。

スポンサーリンク

↓1日1回クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

内容に価値を感じた方や応援して頂ける場合は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールの宛て先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは投げ銭専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

2人の子をもつ30代サラリーマンであり、ホワイト企業へ就職するも配属される部門は特異点となるブラックとなる悪運の持ち主。
ときどきPC片手に公園に出没し、怪しまれているが自覚は無い。弱点は雨

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました