分析サイト 決算 情報取得

EDINETの使い方!!日本株決算書の取得方法を解説

分析サイト

こんな悩みを持っている方へ記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

決算書を読むのは重要だと分かっているけど、決算書情報がまとまっているサイトないの?といった方へ記事を書きました。

前回の記事でEDGARについて解説しました。

EDGARは米国決算書情報をまとめているサイトでしたが、今回は日本株版です。

ちなみに、EDINETは
“EDGAR”をモデルとして作成されています。
wikipedia より)

ちなみに、”EDINET”は無料国内全ての上場企業有価証券報告書をダウンロードすることが可能です。

使い方を分かりやすく解説しますので、是非使ってみてください。

スポンサーリンク

EDINETとは?

EDINETElectronic Disclosure for Investors’ NETworkエディネット)は、金融商品取引法上で開示用電子情報処理組織と呼ばれる、内閣府の使用するホストコンピューター・提出会社の使用するコンピューター・金融商品取引所(及び金融商品取引業協会)のコンピューターを結んだ、同法に基づく開示文書に関する電子情報開示システムである。

本システムは金融庁の所管であり、EDGARをモデルとして構築され、開示文書をウェブサイト上で閲覧できる。

出典:wikipedia

24時間稼働で、いつでも財務諸表を無料で閲覧できるサイトです。

スポンサーリンク

EDINET使い方

使い方
  1. 企業名入力
  2. “四半期決算書”を選択
  3. 経営指標を選択
  4. 売上高 及び EPSの確認

公式サイトリンクはこちら

1.企業名入力

では実際に使い方です。

書類検索をクリックすると、”提供者”を入力するテキストボックスが現れますので、“企業名”または“株式コード”を入力し、検索をクリックします。

2.四半期報告書を選択

すると、入力した企業から報告書一覧が表示されますので、見たい情報をクリックします。

(ダウンロードは右のファイル形式から選択します。)

3.売上高の確認

第一部の中に主要な経営指標がありますので、こちらを選択します。

「検索」ボタンを押すことで、”売上”などのワードで必要ページを表示することもできます。

第二部では、経営陣からの事業の状況について記載されています。こちらでガイダンスが発表されることもあります。

4.EPSの確認

売上高と、EPSを赤で囲いました。

補足

Diluted EPS:(希薄化EPS)
転換社債やストックオプションで今後増える株数を含めたもの
年間利益/(普通株+潜在株式)の発行済株式数
※こちらを重視

Basic EPS:(基本的EPS)
純利益を発行済の株式数で割ったもの
年間利益/普通株の発行済株式数

予備知識 EPSの求め方

EPS(Diluted) = Net Income ÷ Shares Qutstanding
一株あたり利益 = 純利益 ÷ 全株式数

関連記事

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました