ファンダメンタルズ分析

EBIT,EBITDAとは?”わかりやすく”解説

ファンダメンタルズ分析

こんな疑問を持っている方へ記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

EBITDAってなに?
EBITDAの読み方は?
どんな時にしようするの?
と疑問がある方のために解説しました。

EBITDA や EBIT って見たことはありますか?

その場面を思い出すと、おそらく企業買収のであったかと思います。
今回の記事ではEBITDAについて解説しました。

スポンサーリンク

EBIT,EBITDAの読み方

EBITDAは(Earnings Before Interest Taxes, Depreciation, and Amortization)の頭文字を取った言葉で、決まった読み方はありません。「イービッタ」「イービットディーエー」などです。

EBITは(Earnings Before Interest Taxes)の頭文字を取った言葉で、決まった読み方はありません。「イービット」などです。

スポンサーリンク

EBIT,EBITDAとは

“EBIT” も “EBITDA”どちらも企業の収益を表す指標となります。略字の日本訳をすることで、どのような収益を表しているのかわかります。

EBIT

EBIT

Earnings Before Interest Taxes
:利払い前・税引き前利益、金利・税金

【EBIT 計算式】
・計算式1
 税引前当期純利益 + 支払利息 - 受取利息
・計算式2
 営業利益+利息以外の営業外損益+特別損益

EBITDA

EBITDA

Earnings Before Interest Taxes
:利払い前・税引き前利益、金利・税金
Depreciation
:有形固定資産の減価償却費
Amortization
:無形固定資産の減価償却費

【EBITDA 計算式】
・計算式1
 税引前期利益+法人税+支払利息+減価償却費
・計算式2
 経常利益+支払利息+減価償却費
・計算式3
 営業利益+減価償却費

どんな時に使用するのか

グローバルな視点で企業を評価する際に使用し、M&Aを検討する際などに活用されます。

先に述べた計算式を見ると、税金や利息などの影響を収益に加算することで、各国の税制に影響を受ける部分 と 企業によって採用される金利などを取り除いています。こうすることで、企業本来の収益力がわかり、国際的な視点で企業の評価することができます。

他にも、グローバル企業や事業を拡大に伴う借入が多い企業は支払利息が大きくなりがちです。支払利息の影響を除くことで、事業本来の経営状況を判断することができます

他業種間ではEBITより減価償却費の影響を取り除いた、EBITDAが活用されています。これは、業種の違うと減価償却方法が違いがあるからです。

まとめ

  • 決められた読み方は”ない”
  • どちらの指標も”収益”を表している
  • EBIT、EBITDAの違いは減価償却費が含まれるどうか
  • 他業種間、国際的な企業評価する際につかわれる

それでは、また!

関連記事

貸借対照表(B/S)について解説しています。

正味現在価値(NPV)と内部収益率(IRR)について解説しています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました