為替

円安はいつまで続くのか?止める手段と転換点

為替
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

ぜんきち
ぜんきち

為替介入の規模は?
為替介入はいつまで続くのか?

こんな疑問を解決する記事を書きました!

2022.10.20に1990年以来(32年)の円安水準となる『150円』を付けました

近年の米国投資ブームを受けて米国に投資を行い始めた方は、円安が大きく進み、このまま投資を続けていって良いのだろうか?と言う疑問が生じ始めている頃だと思います。

この記事では、円安はいつまで続くのか?そして、円安は何によって止まるのかを推察します。

Check Point
  • 円安が進む原因
  • 円安を止める手段
  • 為替の転換シナリオ

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

スポンサーリンク

円安が進む原因

円安が進んでいる原因は様々な要因がありますが、端的に端的に言うと、日米の金利差が拡大している事が原因です。

キャプチャーの凡例

上:ドル円チャート
中:米10年金利-日10年金利
下:相関係数

このキャプチャーの相関係数(下)を見ると、1.00に近づけば正の相関が強くなりますので、長期金利の金利差が拡大と同時に、円安が進行している事がわかると思います。

金利差が為替にどう影響するの?

なぜ、金利差拡大が円安を進めるのかを簡単に説明すると、日本円で持っていても0.01%の利息が付かないところ、米ドルに替えて4%の金利を貰いたいという心理が働くからです。

  • 日米金利差拡大が円安の拡大となる

日米金融政策の違い

そもそも、円安要因となる金利差がなぜ拡大していくのかと言いますと、日米中央銀行の金融政策の違いが原因となります。

日本銀行の金融政策では低金利を維持するために、金利が上がってきたら無制限に国債を買い入れすることで、国債の利回りを維持しています。

一方、米国の中央銀行であるFRBは、高インフレを抑制するために、政策金利を75bpづつ上げており、2022.10時点で3.25%-3.5%となります。

米国の金利ってこんなに高いんだ!!

つまり、日本の金利が一定であるのが約束されていますので、米国の金利が上げ続けている限り、金利差が増加するのは必然です。

  • 日本の金利一定、米国金利上昇

FRBのQT

さらに、QTが始まったことで米国の長期金利が上昇に拍車がかかります

QTとは、FRBがこれまで米国債を償還期限が来るたびに買い直していたのに対し、償還期限が来る債権の一定程度は買い直しをしないという事です。

債券を購入しないと、これまで以上に債券が市場にあふれますので、『債券価格が下がる』つまり、『債券利回り(金利)が上がる』という事になります。

そうした事で、これから長期金利が上昇し続ける公算が高くなります。

  • QTは債券が市場にあふれる

円安を止める手段

円安を止める方法は、大きく三つ考えられます。

  • 日銀の金融政策変更
  • 日銀による為替介入
  • 実需による輸出額拡大

日銀の指値オペ停止

日米金利差を抑えるためには、日銀による国債購入額を減らす必要があります。

しかし、これは少々難しいです。

なんで!?

その理由は、長期金利が上がってしまうからです。現在の長期金利は0.25%です。

この金利を上げてしまうと、約8年続いた超低金利に慣れてしまった中小企業が軒並み倒産していくおそれがあります。

他にも、日本政府が大量に発行している国債の評価損が膨らむため、政府は快く思わないでしょうし、家を所有する方のほとんどが加入中の住宅ローン金利が上昇します。

固定金利であれば、金利は上昇しませんが、住宅ローンを組んでいる方の70%が変動金利ですので、金利の上昇が家計を圧迫してしまいます。

家計が苦しくなると、消費意欲が減りますから、ますます企業業績が低迷してしまいます。

企業業績が悪化すると、雇用を継続できなくなる企業も出てきて、ローンを支払う事が出来なくなった物件が大量に競売されれば、住宅価格が一気に値崩れを引き起こします

金利を上げられない理由
  • 中小企業の倒産リスク
  • 経済が冷え込むリスク
  • 不動産市場の崩壊リスク

為替介入

為替介入を実行して、直接『円安』へ歯止めを効かす事も可能です。

しかし、これには3つの問題があります。

為替介入の問題
  • 日本円は変動相場制
  • 『ドル売りは有限
  • 米国債を売る必要が生じる

為替介入の問題点については別の記事で解説しています。

貿易収支

貿易収支が『黒字』であれば、円安に歯止めをかける事が出来ます。

その理由は日本企業が商品を海外で売ると外貨が手に入ります。

商品の生産時に、コスト(原材料や人件費)が掛かりますから、その支払いは生産国の日本で行われます。

この時に、外貨を売って円を買うわけですから、円高に動きます。

つまり、輸入金額より輸出が多くなれば『円高』となり、輸出が多い状態を貿易収支の黒字で表されます。

では、現在の収支はどうかと言うと、赤字となっております。

赤字となる、要因は『原子力発電』の代替に『火力発電』を稼働させ、発電するための燃料(石炭・原油)輸入量が増加したため、なかなか黒字化の見通しが立ちません。

原発の稼働率

2010年:67.3%
2022年:24.4%
※2011東日本大震災から国内発電構成変化

  • 貿易収支の改善は暗い

為替の転換シナリオ

それでも、永遠に円安となることはありえません。どこかで転換シナリオが来ると考えられます。

では、いつ転換が起きるか考えてみましょう。

日米中央銀行の金融政策転換

日米それぞれの金融政策が変わる期待が広がれば、金利差が縮小する可能性があります。

日銀の政策転換
  • 黒田総裁が3月に任期満了を迎える
  • 12月頃に次期総裁人事が固まる
  • 緊縮派の方になれば多少の方針転換期待

日銀の黒田総裁は2022年度末となる3月に任期を終えます。リフレ派として知られている中曽氏が次期総裁候補である

FRBの政策転換
  • インフレの抑制が成功
  • 失業率の激増

10月に入り、ミクロでは物価高が収まっている兆候が見えだしました。

しかし、FRBはインフレが完全に収まってから、利上げペースを変更させるため、今後数回のPCEもしくはCPIの数値を見て、政策判断します。

インフレが収まったと判断できてから、経済の減速と、失業率が急増が起きると利下げに踏み切る可能性も十分に考えられます。

  • 日銀の次期総裁
  • 米国インフレ抑制と失業率急増

貿易収支の黒字化

貿易収支の黒字化を図るには、原発の再稼働が要』となります。

新適合基準に合格済みで、未稼働の原発が7基あります。これを地域住民の理解のために、期間限定として稼働させれば住民に容認しやすく、燃料の影響は受けにくいです。

ウクライナとロシアの戦争で、原油燃料価格が高止まりしています。これも、“戦争の沈着”“経済の落ち込み”が顕著になるほど、原油価格の低下が期待できます

コロナウィルスの影響で観光客需要が制限されていますが、この制限が解除されば円買い需要が増えます。

そのインバンド効果は2019対2021比で、7.1兆円と言われています。

  • 日本のエネルギー政策転換
  • 外国人観光客の制限撤廃

『ドル高』から『ドル安』へ

上のキャプチャーは国際決済銀行(BIS)が3年毎に調査している為替取引量を元にブライト・アセット(株)が作成したグラフとなります。

2019年の1営業日あたりの取引高が約6.6兆ドルあり、その内約9割が米ドルが絡んでいる取引となります。

円の強弱より、米ドルが大きく変動すると、その影響は『円安』や『円高』になって表れます。

2022.10.26からの動きは米ドルが弱くなったため、円高方向へ為替が動き145円となったと推測できます

  • 円の強弱より『ドル』の強弱を重視

まとめ

  • 原油価格の高騰が『円安』を助長する
  • 円の動きより『ドル』の強弱が円安に直結
  • 日銀新人事、米国インフレ抑制に注目

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

為替変動が起きる要因について解説しました。

パウエル議長は3月の会見でボルカ―型の対策をすると公言しました。

2022年の3月にたった2、3週間で円安が急伸した時の記事になります。

インフレが経済の癌となります。

為替介入について解説しています。

スポンサーリンク
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

応援して頂ける方は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

※このアドレスは投げ銭専用です。

nagesen39@gmail.com

Copy

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

投資歴15年以上の30代サラリーマンであり2児の親/投資からの収益は8桁以上/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/月間2万PV達成し、フォロワー700人

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました