信用・デリバティブ

デリバティブ市場とは??わかりやすく解説

信用・デリバティブ

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

デリバティブってなに?と疑問を持っている方へ向けて記事を書きました。

以前の記事で、全ての金融資産規模について記事を書きました。その中で桁外れに大きいマーケットが『デリバティブ』でした。

今回の記事はデリバティブについて簡単に解説します。

記事が、タメになったと思われたら、SNSやリンクで紹介して頂けると今後の励みになります。

Check Point
  • デリバティブ市場は『先物』『オプション』『スワップ』の3つある。
  • 全て中上級者向けの金融商品となる
  • “ヘッジ” や “限定したオプション取引” でサテライト投資
スポンサーリンク

デリバティブとは

株式は投資の方法として現物を所有します。しかし、デリバティブは日本語で “派生商品” と訳されるように現物の取引と異なります。

株、債券、金利などを『原資産』として、派生した金融商品をデリバティブと言います。

デリバティブの例え

わかりやすくするため、派生商品を例えてみます。

例えば、野球の試合で “巨人” と “阪神” が対決するとします。これに対し、Aさんが阪神が勝つ方に賭けるBさんはAさんが賭けに勝つ方に賭ける。

といったように、実際に勝利を手にするのはどちらかのチームとなりますが、この勝敗を基にして、他の方が賭けが成立します、これが派生商品となります。

ちなみに…リーマンショックが起きた時には、『1』の債券に対して20倍の金融商品が、基となる債権から”派生”して誕生しました。

デリバティブの原資産

デリバティブの原資は様々あります。

一部を上げますと、”株式” “債権” はもちろん “ビットコイン” “商品” があります。古くは お米の収穫前にあらかじめ売買価格を決める『先物取引』が行われていました。

スポンサーリンク

デリバティブの種類

デリバティブ商品は大きく3つに分かれています。『先物』『オプション』『スワップ』となります。

先物とオプションを組み合わせた『先物オプション』など、組合せ商品も存在します。派生商品なので、将来、我々が予想する以上の派生金融商品が生まれそうです。

先物(Forward Contracts/Futures)

Forward、Futuresどちらも未来に支払う条件(価格、レート等)を設定して契約することになります。

Forwardは “先渡取引” と言われ、契約期日に現物で決済が行われます。将来支払う取引が1度だけなので、投資家にあまり馴染みがありません。

一方、Futuresは “先物取引” と言われ、取引所を介在しており、取引相手が多数いるため、期日前に商品を購入(売る)義務を売買することができます。一般的には期日前に反対売買により、取引を完結する決済〔1〕が行われます。

〔1〕:差金決済

  先物取引 先渡取引
共通点

未来に商品(資産)をある価格で売買することを
あらかじめ約束して行う取引

流動性 高い 低い
取引方法 取引所取引 店頭取引
(相対取引)
取引単位 標準化 自由
反対売買
(決済日)
期日前に反対売買をして取
引を解消する場合が多い
変更不可
(相手次第)
信用リスク 基本的にはない ある
証拠金 必要 不要

オプション(Options)

オプションとは、売買の『権利』〔2〕を購入する取引です。

権利となりますので、この権利を行使するもしくは、”行使しない” 選択権が買えるということです。ただし、選択権はタダでは貰えません。

選択権を購入するために費用が発生します。つまり、損失が限定されているのが特徴です。

オプション取引は保守的な運用にも『リスク選好派』にも使用可能な取引ツールとなります。

注意事項

Long (買う)取引であれば、先の説明通り『行使しない』という選択も可能です。しかし、Short(売り)の場合は『義務』が生じてしまうため、Longのように権利放棄は出来ません

この辺については別の記事で記載します。

スワップ(Swaps)

デリバティブの中で一番大きい割合となります。数種類のスワップの中で一番金額が大きい物は『金利スワップ』〔3〕となります。

この『金利スワップ』は機関投資家や銀行で取引されているもので、投資家にはあまりなじみが無い物です。

〔3〕:変動金利と固定金利の交換。例えば、Aさんが固定金利契約。一方、Bさんが変動金利契約、それぞれの銀行が2人の債務者を変更できませんから、AとB間で各々の金利を代わりに支払う契約が金利スワップとなります。

デリバティブとの向き合い方

私は過去に、先物取引で大きな損失を被ったことがあります。そこから、現物の取引を主として行っており、現在でもその考えは変わりません。

デリバティブの他にも “CFD”“レバレッジ” など信用取引と言われている物があり、どちらもお金を借りて投資をする。

つまり、投資のために『借金』をしている事になります。

こちらにつても、デリバティブと同様にして、自分の資産のサテライト的な部分で投資となり、リスク管理を怠ると、ロスカットで文字通り『退場』させられます。

ただし、
・ヘッジを目的とした取引において有効である。
・オプション取引の “買い” を使って利益を狙う。

限定した取引については検討の余地が十分にあります。

個人投資家が検討可能な取引

・先物取引(Futures)
・オプション

まとめ

  • デリバティブ市場は『先物』『オプション』『スワップ』の3つある。
  • 全て中上級者向けの金融商品となる
  • “ヘッジ” や “限定したオプション取引” でサテライト投資

それでは、また!!

関連記事

全ての金融マーケットの規模を図解しました。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

記事に価値を感じた場合は、画像をクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールのあて先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは"投げ銭"専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました