テクニカル分析

米国投資家が好むチャート『シェイプ編』2/2

テクニカル分析
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

米国投資家が好むチャートの形ってなに?という疑問をお持ちの方へ向けて記事を書きました。

海外の投資マネーが重要となります。それは、日本人は投資より貯蓄している額が大きいため、日本市場においても、海外投資家の動向が影響しています。

この事から、日本人が好んで使うチャート分析やインジケーターより、海外投資家が好むテクニカル分析を理解した方が、株で儲けるチャンスが広がります。

今回は株式市場で最大のマーケットとなる米国投資家が好むチャートについて解説します。

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

Check Point
  • “カップウィズハンドル”は勝率が高いチャートパターン
  • “ヘッド&ショルダー”は、わかりやすいため、多くの投資家が見ている
  • どちらもチャートの形だけでなく『出来高』にも注意が必要
スポンサーリンク

カップウィズハンドル

Cup with handleは米国投資家が一番好きなチャートの形となります。このチャートと出来高が伴うと上昇確率が70~90%となる信頼性が極めて大きくなります。

なぜ上がりやすいのか?

その理由を端的に答えると、短期筋と機関投資家が入れ替わりが行われているからです。

個人投資家や短期投資で勝負するトレーダーは頻繁に利益確定を行います。そのため、ある程度上昇しても利益確定売りで株価が押し戻されてしまいます。

株価が上昇するために必要な事は長期保有のポジションが増える必要があります。機関投資家であれば、投資資金が大きいため、流動性の観点から簡単には利益確定しません

そのため、株価が上昇するためには機関投資家の買いが必要不可欠となります。

カップの形成

1)カップウィズハンドルの始まりは、多くの投資家による利益確定による下落から始まります。この下落は、12~33%程度下げます。

2)その後、個人投資家や短期投機筋の売りを機関投資家が買い取りを始まるとカップの底が形成されます。

3)「売り」が枯れてくると機関投資家の買いだけ残るため上昇しだします。この上昇は前回の高値付近まで上がる必要があります。(高値より5~10%安値)

カップの条件
  1. 30%以上の上昇
  2. U字が形成で、カップの底は12~33%
  3. 前回の高値付近(5~10%)まで上がる必要がある

カップの部分は3~6ヶ月ほど期間が多くなります。最短でも7週間、最長でも65週間となる事が多くなります。

ハンドルの形成

4)直近に付けた最高に近づくと、売り損ねた“個人投資家の売り”“ふるい落とし”が入るため、強気相場で8~12%弱気相場で20~30%の下落が起きます。この時、10週移動平均線より上で、かつカップの上半分で出現します。出来高が少ない必要があります。(機関投資家が売ると多くなる)

5)個人投資家の売りが枯れた後に、本格的な上昇が始まります。(出来高が多くなる)

ハンドルの条件
  1. 個人投資家の売りの下落(強気相場:8~12%、弱気相場:20~30%)
  2. 下落は10週移動平均線より上で、カップの上半分の必要あり

ハンドルの部分は2週間ほどの期間を有します。

提唱者

このチャートはウィリアム・オニールが発見した方法で、オニール氏が出している分厚い本で、より詳しく解説していますのでオススメします。

スポンサーリンク

ヘッドアンドショルダー

ヘッド&ショルダーは日本では(三尊)と呼ばれるチャートパターンです。このチャートパターンは判別しやすいため多くの投資家により意識される強力なトレンド反転となります。

ヘッド&ショルダーの形成

中心が最も高く、左右にのように中心より低くトップが出来るのが特徴で、このチャートの形が人の頭と肩のシルエットに似ていることから、そう呼ばれています。このパターンはカウンターつまり、逆張りで威力を発揮します

出典:マネックス証券

ヘッド&ショルダーは頭を形成する二つのボトムを結んだ線をネックラインとして、このラインを割る事で形が完成します。

ちなみに、このネックラインは斜めでも有効となります。このラインを割ると、ネックラインから頭までの変動幅分について下落の目標値と言われています。

出来高との関係

出来高は通常トレンド方向に従い増加していきますが、ヘッド&ショルダーの特徴は左肩の出来高を最高値として、この出来高を超えないところにあります。

逆ヘッド&ショルダー

先のヘッド&ショルダーの裏返しとなります。ネックラインを超えた時に一部を買いエントリーし、ネックラインが抵抗線から支持線へ変わった事を確認して追加の資金を投入するとコンサバティブな投資となります。

出典:マネックス証券

まとめ

  • “カップウィズハンドル”は勝率が高いチャートパターン
  • “ヘッド&ショルダー”は、わかりやすいため、多くの投資家が見ている
  • どちらもチャートの形だけでなく『出来高』にも注意が必要

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

テクニカル分析について解説しています。

チャートの形で米国株がよく見る単純移動平均線や抵抗線・支持線について解説しています。

テクニカル分析を使って利益を稼ぐ考え方について解説しています。

スポンサーリンク

↓1日1回クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

内容に価値を感じた方や応援して頂ける場合は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールの宛て先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは投げ銭専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

投資歴15年以上の30代サラリーマンであり2児の親/投資からの収益は8桁以上/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/月間2万PV達成し、フォロワー700人

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました