テクニカル分析

米国投資家が好むチャート『ライン編』1/2

テクニカル分析
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

米国投資家が好むチャートの形ってなに?という疑問をお持ちの方へ向けて記事を書きました。

海外投資家の動向が重要となります。その理由は、日本人は超高齢社会なこともあり貯蓄している割合が大きいからです。さらに、日本市場においても海外投資家の動向により株価が騰落してしまいます。

この事から、海外投資家が好むテクニカル分析を分析した方が、株で儲けるチャンスが広がります。

今回は株式市場で最大のマーケットとなる米国投資家が好むチャートの『ライン』について解説します。

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

Check Point
  • テクニカル分析の基礎は”トレンドライン”
  • 抵抗線が支持線へ転換した事を確認してからの投資が玄人
  • “ゴールデンクロス”は長短期線が両方とも上向きで、角度がある方が信頼度高い
スポンサーリンク

トレンドライン

テクニカル分析の基礎にあたります。基礎程、投資家皆が使用している分析となりますので、投資家心理が働きやすいです。

トレンドラインとは最安値をから二番目に安い値を結んだ線の事で、このトレンドラインは2点を結んだ線より3点、4点と数が多い方が信頼性が高くなります。

出典:みんなのFX

売買ポイント

買いポイントは前回の高値をブレイクした時に、売りはこのトレンドラインを割った時に売りのタイミングとなります。

出典:みんなのFX
注意点

トレンドラインを割ったら、即損切りを行う事!
トレンドラインは注目している投資家が多いため、このラインを下に抜けるという事は、自分の知らない情報があったという事。即逃げる事は致命傷を回避できます。

スポンサーリンク

抵抗線・支持線

“レジスタンス”とか“サポート”とか言われているものです。

抵抗線は過去の高値の所で横線を引くと上値抵抗線が表れます。支持線は抵抗線の逆で過去の安値の所で横線を引くと表れます。

抵抗線が支持線へ転換する

抵抗線を上に抜ける時(ブレイクアウト)後に、これまでの抵抗線が支持線へ変わる事があります。ここで、ブレイクアウトの時に買いに行くとアクティブな投資となり、逆にこれまでの抵抗線が支持線へ転換したことを確認して購入するのが、ディフェンシブなテクニカル投資となります。

経験値の長い機関投資家ほど、抵抗線が支持線へ変わったことを確認してからの売買する事が多く、堅実なテクニカル投機だと言えます

出典:岡三オンライン証券

単純移動平均線

“MA”とか”SMA”と言われる移動平均線で『50日』『200日』が米国投資家に最も見られている平均線となります。

分かる事
  • 平均期間と現在の株価の乖離率
  • 株価のトレンドは、上昇?下落?横這い?
  • 株価の動きが変わったタイミング

株価の値動きはランダムですが、平均値を表すことで現在の株価と比較する事ができ、今後の値動きを予測することも可能となります。

乖離率

現在の株価が移動平均と比べて、大きく離れてしまうと平均線へ近づいていく事があります。

この乖離率は、50日200日の乖離率で比べると50日の方が乖離率は小さくなります。他にも、個別株指数により乖離率は異なりますので、投資対象とする移動平均と普段の乖離率を確認してから投資判断を行いましょう

トレンド

移動平均線の向きが上に向いており、更にその角度が急であるほど強い上昇トレンドを継続しています。

それに加えて、現在の価格が移動平均線に比べて上側にあると強い相場、つまり買いが優勢となりますし、下側にあるとその裏返しとなります。

出典:hiroのFXブログ

“ゴールデンクロス”と”デッドクロス”

ゴールデンクロスは短期線が長期線をからに突き抜ける状態の事を指しています。この交差する時に両方の線が上に向いている事が必要となります。

この交差が表れると、上昇トレンド入りを表しており、買いのシグナルとなります。

デッドクロスはゴールデンクロスの裏返しとなります。短期線が長期線をからへ突き抜ける状態のことを指します。こちらも交差する時に両方の線が下へ向いている事が必要となります。

下降トレンド入りを表し、売りのシグナルとなります。相場の大勢が上値から下値へ目線を切り替えたことを示唆します。

出典:岡三オンライン証券

まとめ

  • テクニカル分析の基礎は”トレンドライン”
  • 抵抗線が支持線へ転換した事を確認してからの投資が玄人
  • “ゴールデンクロス”は長短期線が両方とも上向きで、角度がある方が信頼度高い

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

米国投資家が良く見るチャートの形について解説しています。

テクニカル分析について解説しています。

人間が必ず持っている本能”損失回避”(プロスペクト理論)を知るべきです。

テクニカル分析を使って利益を稼ぐ考え方について解説しています。

スポンサーリンク

↓1日1回クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

内容に価値を感じた方や応援して頂ける場合は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールの宛て先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは投げ銭専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

投資歴15年以上の30代サラリーマンであり2児の親/投資からの収益は8桁以上/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/月間2万PV達成し、フォロワー700人

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました