中央銀行

外国債券で”魅力的な投資対象”と”債券のリスク”について

中央銀行

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

どの国の債権が一番優れているの?という疑問を持つ方へ向けて記事を書きました。

日本の個人向け国債は金利が僅か『0.05%』で、世界のインフレに合わせて日本も徐々に物価上昇が気になりだしてきました。

日本に住みながら、国内債券を所有することは、分散投資の観点からも偏っているように感じます。

今回は、“外国債券のリスク”“メジャーな外国債券” について解説します。

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

Check Point
  • 日本に住みながら国内債券の投資はリスクが偏ってしまう
  • 外国債券の”4種類”と”リスク”について
  • 債券で所有できそうな市場は『アメリカ』『ドイツ』
スポンサーリンク

債券について

ホームカントリーバイアス

収入源となる資産が”円”で、生活で使用する通貨が”円”であると、日本で生活しているだけで自然と偏って資産を保有することになります。

国内の情報が簡単に収集でき、為替リスクもないことから、アセットアロケーションが日本の比率が多くなりがちです。

しかし、万が一『日本』の信用が毀損してしまうと、通貨の価値が下落と共に、資産が減少してしまいます。特に通貨の価値が下落すると、ほとんどを輸入に頼っている日本では悪影響を避けられません

このような危機感から、国際的な分散投資も考えていいのではないかと思っています。

外国債券の種類

種類 特徴
固定利付債 発行時点で満期までの利息が決まっている
変動利付債 満期までに利息が変動する
ゼロクーポン債 利息の支払いがなく、額面金額より低い価格で購入できる債券
ディスカウント債 利率が低い代わりに、額面が低い価格で発行される
(満期日に額面金額が得られるため、差額分得します)
ストリップス債 利付債の『元本』と『利子』を切り離して、それぞれゼロクーポン債として販売される債券

利付債券

利付債券は2種類あり、利息が固定されている『固定利付債』と変動する『変動利付債』があります。

ゼロクーポン債

利息が無い代わりに債券の『元本』を安く購入することができます。満期日となった時に額面の100%償還されるため、差額分を償還差益として得られます。

ディスカウント債

“利付債券”と”ゼロクーポン債”の両方の特徴を持った債券

ストリップス債

“利付債券”の『元本部分』と『利子部分』を切り離し、”元本部分”は償還日を”利子部分”は支払期日を満期として販売されます。

外国債券のリスク

種類 特徴
信用リスク 発行体の財務状況が悪化し支払い能力が低下すると、元本を割り込むことがあります
また、デフォルトとなると、元本や利子の支払いが滞ったり、不能となったりすることがあります
価格変動リスク 満期日前に中途売却する場合、市場価格が購入価格を下回ると売却損がでます
為替変動リスク 外貨建の債券の場合、外国為替市場の動向によって為替レートが変動するため、円換算した時の金額が減少する恐れがあります
※円高となった場合、元本を割り込む
流動性リスク 中途売却をしたくとも、発行量や売買量が少ない債券であると、希望通り売却できません
カントリーリスク 外貨建の債券の場合、発行体の国や地域で政治や経済の変化により、市場が混乱し債券の価格変動が起きます
スポンサーリンク

魅力的な外国債券を考える

外国債券を購入する時には、株と同じようなリスクに加えて、その国の信用が重要なファクターになっています。信用の度合いより、“流動性”も影響します。

債券へ投資する動機は安全資産とするケースが多いです。その性質上、信用できる国で債券への投資を行うのが合理的です。

政府債 対 名目GDP

国の信用を簡単に言うと、『破綻(デフォルト)の危機が無い』そして『政治的な安定がある国』となります。

GDPは国内で生み出される価値です。このチャートは、借金額を対GDP比で算出しています。

2020年には新型コロナウィルスの景気減速を懸念して、世界各国で財政支援のため借金額が増加しています。

このチャートで言えるのは、日本の国債を購入するのは、世界的な信用からみても危ないのではないのだろうか?と思う所です。

他の先進国であれば、借金額が減少していることから、“流通量” やGDPを後押しする “経済”が強い国であれば、債券検討の余地はあります。

格付けと時価総額

格付け(S&P) 債券時価総額順位(2019)
アメリカ AA+ 1位(市場の50%程度)
ドイツ AAA 6位(市場の5%程度)
中国 A+ 2位(市場の12%程度)
日本 A+ 3位(市場の10%程度)

債券の時価総額

出典:nikko asset management

魅力的な外国債券

債券時価総額で、世界の約半分を占める米国を外せず考える事ができません。そして、ユーロ圏の経済を牽引するドイツについても債券は根強い人気があります。

中国は時価総額が大きい市場ではあるものの、カントリーリスクが大きいことから、中々投資対象となりません。

結果、債券を所有するとしたら『アメリカ』『ドイツ』となります。

まとめ

  • 日本に住みながら国内債券の投資はリスクが偏ってしまう
  • 外国債券の”4種類”と”リスク”について
  • 債券で所有できそうな市場は『アメリカ』『ドイツ』

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

中国のカントリーリスクについて解説しています。

2021年末から2022年1月までの米国相場について予想しています。

世界の市場規模を図解しています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

記事に価値を感じた場合は、画像をクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールのあて先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは"投げ銭"専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ
タイトルとURLをコピーしました