米国株

天然ガス高騰が利益を生む企業!!アンテロ・リソーシズ(AR)の分析

米国株
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

ぜんきち
ぜんきち

米国の石油・天然ガス企業のアンテロ・リソーシズについて解説します。

アンテロ・リソーシズは米国で液化天然ガスの生産量2位のシェール株関連企業です。

スポンサーリンク

アンテロ・リソーシズ(AR)基本データ

社 名 Antero Resources Corp
本 社 アメリカ コロラド州
ティッカー AR
セクター
Energy:エネルギー
創 立 2002年
上 場 2013年(NYSE)
時価総額(USD) 6.329 Bil(2022.2.11)

事業概要

アンテロ・リソーシズは“米国”“カナダ”の石油・天然ガスおよび液化天然ガスの開発と生産に従事しています。同社はアパラチア山脈地方や、マーセラス(ペンシルバニア州~ウエスト・バージニア州)に天然ガス田を保有しており、生産コストは他社より低く抑えられています。

アンテロ・リソーシズの推定確認埋蔵量は17兆6,000億立方フィート(2020年末)。平均生産量は日量約35億7,800万立方フィートで、内訳は天然ガスが67%、液化天然ガスが33%となります。

出典:JOGMEC-米国のエネルギー政策の動向とその行方

アンテロ・リソーシズの天然ガス田があるアパラチア山脈では生産量が断トツです。

スポンサーリンク

アンテロ・リソーシズの業績

出典:マネックス証券 データ加工
決算 売上高 $ Mil EPS
2018/12 1,197 -0.39
1Q 1,019 3.17
2Q 906 0.14
3Q 850 -2.86
2019/12 873 -1.61
1Q 704 -1.19
2Q 588 -1.73
3Q 798 -1.99
2020/12 994 0.21
1Q 1,205 -0.05
2Q 1,143 -1.70
3Q 1,540 -1.75
出典:マネックス証券 データ加工
出典:マネックス証券 データ加工
CF($ Mil) 営業利益率 ROE ROA 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物
フリーCF
2013/12 -17.00% -0.70% -0.40% 535 -2,674 2,137 17 -521
2014/12 23.10% 16.90% 7.40% 998 -4,090 3,320 246 -611
2015/12 -32.10% 18.20% 7.30% 1,006 -2,298 1,069 23 310
2016/12 -22.40% -13.90% -6.00% 1,241 -2,395 1,162 32 74
2017/12 10.00% 8.50% 4.20% 2,006 -2,462 452 28 1,072
2018/12 16.50% -5.00% -2.60% 2,082 -2,351 240 0 1,360
2019/12 -3.30% -4.60% -2.20% 1,103 -1,041 558 0 935
2020/12 -25.80% -19.90% -8.90% 736 -530 -206 0 688

21年3Qの決算は、売上高:$534 Mil 営業利益:▲$684 Mil となります。

営業損失額の大半は、デリバティブ取引によるものです。天然ガス価格が減少しても利益が出るように、ヘッジをかけています。しかし、22年1月にはヘッジは半減させ、22年1Qには1倍を下回るとガイダンスがありました。

天然ガスの今後

“シェールガス”は”シェールオイル”の採掘時に同時に採掘することとなる副産物となります。

現在、“石油”の上昇が起きており、シェールオイルの採算が合っています。

出典:Trading Economics

こちらは石油の先物価格です。1バレル40程度~50ドルがシェールオイルの損益分岐と言われています。

OPECは3月まで石油の増産を約束していますが、1月の増産は計画に達成していません。その理由は、武装組織による妨害で生産が難しいのが現状です。

SDGsと天然ガス

地球温暖化防止の観点から、持続可能な社会を目指すために、エネルギーについても脱炭素化の需要が高まっています。液化天然ガス(LNG)は二酸化炭素の排出量が他の化石燃料よりも少なく、大気汚染の原因となる硫黄酸化物(SOx)の排出量はゼロ、窒素酸化物(NOx)も少ないといった特徴を持っています。

更に、欧州が『天然ガス』『原子力』について、条件付きではあるものの、持続可能なエネルギーと位置づけ、今後も脱炭素社会へ向け中心的なエネルギーとしての役割が期待されています。

米国のLNG輸出量予想

出典:JOGMEC-米国のエネルギー政策の動向とその行方

天然ガスは化石燃料の中で、温室効果ガスの排出が少ない事もあり今後輸出が増えていくと見られています。米国の天然ガス輸出量2018年から徐々に増加傾向です。

天然ガスの価格推移

現在、“石油”の上昇と同じく“天然ガス”についても価格の上昇が起きています。

出典:Trading Economics

地層深くにあるシェール層から、オイルを採掘する技術は2004年から本格的に技術開発が進みました。天然ガスは2008年頃まで、石油価格と相関性が高く価格が上昇してきました。2004年には、シェールオイルの採掘方法の研究開発費がかさんでも採算が合う事から、採掘技術の開発が一気に進みました。

2008年からは大手石油企業も開発に動き出し、石油と比較して天然ガスは安価となりました。シェールオイルに危機感を抱いたOPECによる原油増産も実施され、価格の低下に拍車がかかり、赤字続きのシェールオイル関連企業は相次いで倒産しました。

ウクライナ危機

ウクライナで戦争が起きると、ロシアへの経済制裁としてパイプラインの稼働認可が停止したままになり、既存のパイプラインも制限される可能性があります。

そうすると、欧州の需要が米国エネルギー会社へ特需として降りてきますので、価格の更なる高騰が見込めます。

ウクライナ危機については関連記事に解説リンクを貼っておきます。

アンテロリソーシズの今後

ウクライナ情勢が同社の営業利益を押し上げる事が見込まれます。ウクライナで戦争が始まると、ロシアの禁輸政策が取られます。世界の天然ガス輸出量では、ロシアが1位(2021)となります。

ロシア産天然ガスの輸出先は欧州が1位で約53.5%となります。欧州の禁輸も視野に入って来ることで、天然ガス市場が高騰し、それに伴って同社の業績も好調になります。

今後の決算に注目して、業績に株価が反応するようであれば、短期投資が視野に入りそうです。

まとめ

  • アンテロ・リソーシズは液化天然ガスの生産量米国2位
  • LNGはサスティナブルなエネルギ―として注目されている
  • ウクライナ危機による価格高騰が期待出来、近々にLNG輸送が増える見込み

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

ブラジルで石油独占販売企業”ペトロブラス”について解説しています。

世界各国で石油備蓄の放出がありました。

ウクライナ危機と上昇するアセットの投資方法について解説しています。

ウクライナ戦争が米国市場に及ぼす影響について考察しています。

スポンサーリンク

↓1日1回クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

内容に価値を感じた方や応援して頂ける場合は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールの宛て先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは投げ銭専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

投資歴15年以上の30代サラリーマンであり2児の親/投資からの収益は8桁以上/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/月間2万PV達成し、フォロワー700人

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました