米国株 株式投資

アメリカの”BNPL”企業 Affirm(AFRM)について

米国株

疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

最近Amazonと提携が決まったAffirmってなんの会社?という方のために記事を書きました。

2021.8.27にAmazon(AMZN)がAffirm(AFRM)と提携して、数ヶ月中に”BNPL”を開始すると発表しました。これを受けてAFRMの株は一時40%を超える急伸を見せました。

ロイター原文【英語】

Affirmは無料「割賦」ビジネスである”BNPL”を提供する企業です。BNPL は消費者側にも売り手側にもメリットがある、決済システムとなります。BNPL の詳細については下に貼っておきます。

今回は、Amazonとの提携で大注目のアファームについて解説します。

スポンサーリンク

アファーム(AFRM)基本データ

社 名 Affirm Holdings Inc
本 社 アメリカ カルフォルニア州
ティッカー AFRM
セクター Technology:情報技術
創 立 2012年
上 場 2021年(NASDAQ)
時価総額(USD) 24.667 Bil(2021.9.3)

事業内容

Affirmはペイパルの共同創業者であるMax Levchin(マックス レヴチン)が2012年に創業し、時価総額が$10億(1兆円)を超えるユニコーン企業としても知られてきました。

AffirmのビジネスはEC事業者に対して「分割支払い」機能を提供しています。提供するサービスは購入金額や顧客のクレジットスコアによって、金利が決まるようになっており、金額が大きいものを買う際に利用されることが多いです。例えば、Amazonで提供される金額は50ドル以上となっています。

ビジネスモデルは”消費者”と”売り手”の決済仲介を行うことで、利益の多くは”売り手”側からの手数料でなりたちます。

クレジットカードでは、リボ払いなどで返済遅延が発生した場合は、自動的に貸付となり14~15%の利息が重くのしかかっていましたが、Affirmが提供するBNPLは、ローンの遅延、延滞手数料からのペナルティを請求されることはありません

Affirmプラットフォームの構成

1.消費者向けPOSソリューション
2.売り手側ソリューション
3.消費者向けアプリ

1.消費者向けPOSソリューション
・決済:年利0%で3回払い、一定の利息を支払って数十回払い
・バーチャルカード:オフライン使用可能
・預金口座:年利1.00%

2.売り手側ソリューション
・マーケティング:売り手側で金利のレンジ設定可能
・分析機能:平均額、獲得額などの情報を提供
・オファー:アプリで消費者へオファー可能

3.消費者向けアプリ
・使用に最適なUIを提供
以上3つの事業からなります。

POSとは

Point Of Salesの頭文字で、販売時点情報管理を指しています。具体的には 個々の商品がいつ、いくらで、何個売れたか、という情報を収集し、管理することです。

スポンサーリンク

アファームの業績

出典:マネックス証券

セグメント

1.EC事業者への分割提供による手数料
2.消費者への金利収入

大きいセグメントは以上の2つからなります。

GMV、売上高が高成長

出典:Affirm S-1

決済ビジネスの利益の源泉となるGMVですが、2019年から2020年のYoY+77%という急成長がありました。

GMVとは

Gross Merchandise Valueの頭文字で、流通取引総額と呼ばれ、市場で消費者が購入した商品の合計額のことです。

この他にも、累計620万人超の顧客と、ECサイト事業者が6,500以上あり、売上高が$174 Milで(YoY+98%)と非常に高い成長率があります。

オンライン上だけの決済に留まらず、オフラインの決済もバーチャルカードを介して収益を生み出しています。収益を上げる地域は、米国からが大部分を占めています。

市場規模

Affirmは欧米に浸透しており、北米では2023年までにEC決済の3%になると予想され、欧州では、10%に成長する予想です。

まとめ

“消費者”と”売り手”双方にメリットがあるビジネスを展開
・経営者がPayPal創業者で元CTOのMax Levchin
・GMV がYoYで77%の大成長
それでは、また!

関連記事

BNPLについて解説をしています。

NASDAQ100に組み入れられた、クラウドストライクも分析しています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました