米国株

3つの着眼点から、2022年の米国株見通し

米国株
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

2022年はどんな年になるの?と疑問を持っている方へ向けて記事を書きました。

2021年は米国株3指数(S&P500、ダウ平均、NASDAQ)全てにおいて、二桁成長となる年でした。S&P500は過去3年間に渡り二桁の成長が続き絶好調です。

この勢いのまま、2022年も二桁成長となるのか?

今回は、3つの着眼点から2022年がどうなるのかを推察します。

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

Check Point
  • 過去の”米国の騰落” “インフレ高進” “実質金利”から2022年を推察
  • インフレが高止まりすると市場に悪影響
  • 過去にないほど実質金利が大きなマイナスとなっている
スポンサーリンク

米国株のパフォーマンス

2021年を振り返ると、米国主要指数のダウ平均:18.7%S&P500:26.9%NASDAQ:21.4%と3指数が二桁成長となりました。

この内、“S&P500″と”NASDAQ”が3年連続2桁成長と絶好調です。

二桁成長は珍しくない

出典:yahoo finance

過去1993年からのS&P500の前年比%をグラフで表しました。

10%を超える二桁成長した年は、16回過去28年間で57.1%の確率で二桁成長しました。この結果から、二桁成長を記録する事は珍しくないと言えます。

別の期間を切り取ると、1995年から5年間に渡り二桁成長をしていることから、2022年も二桁成長する可能性もあります。そのため、3年連続で二桁の上昇があったという理由で2022年は減速するという決めつけは出来ません

出来過ぎた2021年

2021年は大きな下落が無い、緩慢な相場となりました。

下落幅が5%に留まる小幅な調整局面しかありませんでした。2021年から株式投資を始めた方は、10%近い下落を経験せず、市場に参加していることになります。

今後、2021年のように “米国市場全体が急上昇する相場” が当たり前でない事と “10%近い下落” が無い事を認識して投資する事が必要です。

米国株平均のパフォーマンス

1991年初来で米国市場の平均利回りは+9.3%のリターンとなります。リターンが平均へ回帰するとすれば、いずれこのツケが回ってくる時が来ます。

ちなみに過去の記事で、NASDAQ100の週足『6%』下落でナスレバの買い増しを推奨していましたが、2021年については1度もありませんでした。

米国株全体として強気な相場は続いたとしても、例年通り10% or 20%程度短期的な下落はあると想定した方がよさそうです。

スポンサーリンク

インフレが下落の兆候?

過去のチャートを見ると、インフレが減速しないと株価が下落しています。“インフレ”“経済”の関係について別の記事で詳しく解説していますので貼っておきます。

各国の中央銀行による金融政策によってインフレが抑制されれば、企業が賃金上昇を行うペースが間に合い、経済に好循環が生まれます。そうなることで、金融相場から業績相場へバトンタッチが上手くいき、強気な相場が保たれます。

つまり、インフレを減速するのが経済のカギとなります。

実質金利が大きなマイナス

2022.1の実質金利は▲6.4%となり、この数値と同水準だった時が、70年前となります。ちなみに、1970年代の▲5.56%の時には、スタグフレーション〔1〕が起きていました。

以前の記事に記載しましたが、急激な利上げは株価の下落要因となります。今回は過去よりインフレが進み過ぎているため、FRBがテーパリングを早急に終わらせて、即QT〔2〕と利上げが同時に実行されそうです。

“QT”“利上げ”過去に経験しているように、株価が下支えなく下落しやすい相場となります。

実質金利について詳しくはこちら

〔1〕: “物価上昇”と”景気後退”が同時に起こる事
〔2〕: Quantitative tighteningの略で量的引き締めのことを指します。(中央銀行のB/Sを縮小していくこと)

3つのデータが示すこと

過去のデータをまとめると、

  • 米国市場が “大きな調整無く” 急拡大中
  • インフレの抑制が効かないと “株価下落”
  • FRBが”利上げ”と”QT”を急ぐ可能性が大

米国市場は2020年のFRBによる金融緩和で景気拡大局面に入って間もないです。景気の拡大は数年間続くことから、簡単には終わりません。

そうすると、株価が順調に上昇するのか?と言うと、2021年のようには行きません。つまり、大きな調整が予想できます。

そして、この調整は景気拡大局面の中にある米国市場では、長期的に見ると一時的な下落となり、押し目買いのチャンス到来となります。

そうした時に、購入できるよう“現金比率の増加”“良い企業”を抑えておくのが賢明です。

まとめ

  • 2021年の米国市場は大きな調整無く上昇を続けた珍しい相場
  • インフレが高止まりすると市場に悪影響を及ぼす
  • 過去にないほど実質金利が大きなマイナスとなっている

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

『配当金』が企業に与える影響について解説しています。

2022年に起きそうな”バリューシフト”について解説しています。

インフレと失業率の関係について解説しています。

スポンサーリンク

↓1日1回クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

内容に価値を感じた方や応援して頂ける場合は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールの宛て先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは投げ銭専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

投資歴15年以上の30代サラリーマンであり2児の親/投資からの収益は8桁以上/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/月間2万PV達成し、フォロワー700人

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました