中央銀行

2022.11.3 FOMCまとめ

中央銀行
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

ぜんきち
ぜんきち

FOMCの注目ポイントって何?
パウエル会見の要点は?
この疑問を解決する記事を書きました!

11.3の未明(3:00)に公表されたFOMC声明文では、ウォールストリートジャーナルの速報(10.21)通り、『ハト派』の印象を受けて株価が上がっていきました

しかし、その後のパウエル議長会見では『タカ派』の印象を残す結果となり、これまでの上昇を打ち消し米国三指数とも下落で引けました。

この記事では、そもそもFOMC前に注目されていたポイントからFOMC声明文議長会見についてまとめます。

この記事を見ることで、今後発表される経済指数の何が重要なのかがわかります。

Check Point
  • FOMC開始前から注目されているポイント
  • 市場関係者が”タカ派”と感じた発言』
  • 利上げに対するスタンスの変更”について

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

スポンサーリンク

今回FOMCで注目されていた点

今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で注目されていたのは、『12月会合における利上げペース減速の是非について』 ウォール街の関心はこの1点に集まっていました

FOMC開催前にFOMCメンバー達の声明で金利上昇ペースについて、減速を示唆するニュースが飛びかっていました。

そのため、市場関係者の目論見通り『次回の利上げが50bpへの減速』であれば、今回のイベントは株価上昇と想定できました。

  • 12月利上げ幅の開示に期待
FOMCについて

FRB理事7名+地区連銀総裁5名が議決権を持っている会合のことで、詳しくはこちらに記載しました。

FOMC声明文

決定事項
  • 利上げについて
    11月の利上げは75bpの利上げ
    (3.75~4.00)
  • 今後の利上げ
    経済、インフレを考慮
  • QTについて
    変更なし
    ($95 Bilの償却)

金融政策が経済活動とインフレ率に及ぼす影響の遅れ、および経済と金融の動向を考慮する

出典:ロイター

今回のFOMCで新たに追記されたのが、金融政策の『遅延』についてでした。

声明文においては、金融政策の変更が経済に与える遅延を考慮するという『ハト派』寄りの文面だったため、株価は上昇しました。

FOMC声明文リンク

ロイターの日本語訳文書

原文

パウエル議長会見

  • ソフトランディングは難しい
  • 利上げは想定以上に上昇する事になる
  • 雇用は強く、インフレ抑制に努める

株価に影響を与えだした発言は、『利上げペース』に関する質問に対するパウエル議長の答えでした。

経済について

経済のソフトランディングは難しい

FRBの議長から、経済へのダメージについて言及されました。

市場関係者
市場関係者

経済のダメージは想定以上なのでは?

利上げについて

  • 利下げのペースを議論するタイミングは早すぎる。
  • 金利の最終到達点の予想は上昇しているだろう。
  • 利上げペースについては次、または次の会合で議論を期待する。

11.3現在の最終到達金利は5.00~5.25%これを上回る予想について言及されました。

金融引締めが『弱すぎて』高インフレが長期化すると戻れない

引締めする事によるデメリットより、引締めが弱い事の方がデメリットが大きいと言っています。

市場関係者
市場関係者

今後も引き締め継続…12月も75bp!?

雇用について

雇用相場が弱くなっていない

FRBの義務は雇用を守る義務と急激な物価上昇を抑制する2つの義務があります。

そのため、この発言をこう解釈できます。

失業率を低減させるミッションは達成しているいじょう、利上げを抑制するための”言い訳”が出来ない

市場関係者
市場関係者

利上げをやめたいけど、出来ないということ!?

議長声明リンク

FRBパウエル議長の声明はこちらに掲載されます。

市場の動き

tradingview

こちらのキャプチャーはSPX(S&P500)の1分足チャートとなります。

声明文が発表されてから1.42%も上昇しましたが、パウエル議長への利上げペースの質問『タカ派』の印象が市場関係者に広がり下落に転じました。

fedwatch

こちらは11.4のfedwatchとなります。

現在のところ、次回のFOMCは利上げ幅50bpの観測が広がっています。

ぜんきち
ぜんきち

今後の経済指標しだいで75bpとなる可能性は十分にあります。

今後の注目指標

11/4 21:30:米10月雇用統計
11/10 22:30:米10月消費者物価指数
11/11 24:00:11月ミシガン大学消費者信頼感指数
11/24 4:00:11月FOMC議事録
12/2 21:30:米11月雇用統計
12/13 22:30:米11月消費者物価指数
12/14 FOMC

まとめ

  • 利上げは『経済・インフレ・遅延を考慮していく
  • 経済は我々が見ない所で減速中であるが、利上げは停滞しない
  • 今後2回の雇用統計、CPIを注視

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

パウエル議長が以前言及した、”ボルカー政策”について解説しました。

利上げしてもインフレが収まらない理由について解説しました。

FRBが注視する失業率について解説しました。

CMEのFed Watchの使い方について解説しました。

FRBが早期に利上げに踏み切りたい理由について解説しています。

スポンサーリンク
\1日1回クリックお願いします/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

応援して頂ける方は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

※このアドレスは投げ銭専用です。

nagesen39@gmail.com

Copy

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

プロフィール

ぜんきち

投資歴15年以上の30代サラリーマンであり2児の親/投資からの収益は8桁以上/これまでの経験から再現性が高い投資手法を配信/月間2万PV達成し、フォロワー700人

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました