米国株

20,21日の米国株 暴落の気配か?ヒートマップの確認

米国株
\応援する/

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

ぜんきち
ぜんきち

ここ2日間の米国株について個人的な所感を書きました。

Check Point
  • 全体が売られている中でも “生活必需品” について持ち直しが見える
  • 生活必需品が強いという事は、投資家心理として芳しくない
  • 12月CPIの値から、投資家が利上げ回数5回へ先行予想
スポンサーリンク

ここ2日の振り返り

finvizのヒートマップを見ると、各セクターで直観的に「上がった所」と「下がった所」が分かります。

以下のキャプチャーは2021.1.20 clauseの米国マーケットです。

1.20のキャプチャーは緑の上昇した箇所が所々に見えます。次に翌日金曜日のヒートマップを見てみましょう。

以下のキャプチャーは2021.1.21 clauseの米国マーケットです。

2022年始よりFANG系は下げが目立ってきています。米国の主要指数が下落する一方で、ある部分についてはプラスへ転換してきているのが見て取れます。finvizはスクロールボタンで一部を拡大する事も出来ます。

黄色の枠で囲った部分は “生活必需品”“依存度の高い嗜好品” を囲っています。小売店のウォルマートやコストコはオミクロン株の流行から、消費者の買い込みで需要を先食いしたと見られやや売りが続いています。

ちなみに、Confectioは囲っていませんが “お菓子” ですから、マイルドドラックと言われる砂糖を多く使用していることからこちらも “依存度が高い” と見れます。

この部分が強くなっていることが分かります。

黄色枠内
  • Discount stores
    ディスカウントストア
  • Household & Personal Products
    家庭用品
  • Tobacco
    タバコ
  • Packaged Foods
    包装紙
  • Beverages-Non-alcoho
    非アルコール飲料
スポンサーリンク

生活必需品が強いという事

生活必需品が他のセクターより人気となる理由は、インフレでの価格転嫁をしやすい所にあります。例え、価格が上昇したとしても生きていくために購入せざるを得ません。

これは、『たばこ』が値上げをしても買い続けるのと同じです。

また、この業界は参入障壁が高く、寡占状態となり業界として成熟していますから、低PERです。

このような業界が多く買われることで指数を上昇させることとなっても、投資家がこぞって買いを入れることは有りません。

今ではハイテク企業の数社が指数を引っ張っていっていましたが、FRBの利上げ予想でPERの圧縮が起き始めたことで、この数社が、2022年は指数を押し下げることとなりそうです。

今後について

株式市場は不確定要素を特に嫌います。

前回、FRBは年内利上げを3回とアナウンスしていましたが、12月のCPIが7%だったことから、投資家では5~6回もあり得ると考えが先行しています。

1/26に行われるFOMCの議長会見で、明確な方針を示し株式市場を落ち着かせることが出来るかに注目したいです。

まとめ

  • 全体が売られている中でも “生活必需品” について持ち直しが見える
  • 生活必需品が強いという事は、投資家心理として芳しくない
  • 12月CPIの値から、投資家が利上げ回数5回へ先行予想

記事が、タメになったと思われたら、“SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励みになります。

共に学んで豊かになりましょう!それでは、また!!

関連記事

finvizの使い方について解説しています。

FRBの今後の動向について解説しています

今回のインフレの要因では、FRBで改善出来ないのではないかと考えています。

スポンサーリンク

↓クリックでモチベUPします

にほんブログ村 株ブログへ

本ブログからのお願い

いつもありがとうございます。

内容に価値を感じた方や応援して頂ける場合は、画像をクリックして投げ銭して下さい
(※金額は15円から自由に変更できます)サポートしていただけると嬉しいです。

メールの宛て先は 「nagesen39@gmail.com」です。

※このアドレスは投げ銭専用です。

ぜんきちをフォローする
投資家ぜんきち ブログ

コメント

カテゴリー

引用やリンクについて

引用は出典元の明記とリンクをしていただければOKです。
リンク先「https://investor-zenkichi.com/」

プライバシーポリシー

投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証していません。privacy-policy

当ブログ掲載サイト

タイトルとURLをコピーしました